新しいものづくりがわかるメディア

RSS


mBotの基本キットと拡張モジュールを使用したプロジェクトを紹介——オライリー・ジャパン、「mBotでものづくりをはじめよう」発刊へ

オライリー・ジャパンは「mBotでものづくりをはじめよう」を2019年7月26日に刊行する。

本書は、プログラミングロボット「mBot」による、オリジナル作品やプロジェクトを作るための指南書だ。

mBotの基本キットと拡張モジュールを使用したプロジェクトの紹介を通じ、教室などで独創的なプロジェクトを生みだすためのアイデアを提供する。

全6章構成。1章「mBotを教室へ」ではモーターやセンサーなど各コンポーネントの取り付け方法、2章「mBotのソフトウェアとセンサー」ではmBotの標準プログラムやMakeblock App、mBlockなどのソフトウェアに加え、センサーのレシピなどについて解説する。

3章「かわいい生き物を作ろう」ではサーボモーターとアダプターで頭や口を動かすパペットの作成、4章「センサーで身の回りを調べよう」ではMakeblock AppやmBlockを利用したセンサーの監視について解説する。

また、5章「いろいろなロボットを作ろう」ではキーボードコマンドを利用したロボット制御の説明に加えて、すくい上げるロボットやサーボモーターでヤリを振り下ろすロボット、標準センサーを使用した迷路脱出ロボットなど、さまざまなロボットの作成について取り上げる。

さらに、6章「大きなものと小さなものを作ろう」では、防火システムとリビングルーム用の自動ファンの作成について解説する。

著者はRick Schertle氏、Andrew Carle氏。訳は倉本大資氏、若林健一氏。320ページで定価は2592円(税込)だ。

 

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る