新しいものづくりがわかるメディア

RSS


6種類のロボットを組み立ててプログラミングを学ぶ——知育玩具「BOTZEES」

遊びながらプログラミングを学べる知育玩具「BOTZEES」が、Makuakeにて出資を募っている。

BOTZEESは付属のブロックを使用し、ロボットを組み立てながらアプリでプログラミングを学べる。

作製できるロボットはワニなどの6種類を用意。対象年齢は4歳以上で、アプリが組み立て方をナビゲートしてくれるため、小さな子供でも組み立て可能だ。

それぞれのロボットには、「センサーに反応して口を閉じる」「音に反応する」などの動作をプログラミングできる。Bluetooth接続に対応しており、アプリを利用してラジコンのようにロボットを動かす機能も用意している。プログラミングに慣れたらオリジナルのロボットも作製可能だ。

30種類のコーディングゲームも用意されており、一つ一つのゲームをクリアしていくことでプログラミングを習得できる。対象端末はiOS 12、Android 8以降だ。

国内販売予定価格は1万5300円。Makuakeでは約15%オフとなる1万2580円で購入できるプランなどを用意している(価格は全て税込)。

BOTZEESは2019年9月16日までMakuakeにてクラウドファンディング中だ。目標金額は30万円で、出荷は2019年10月末を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る