新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでロボットプログラミング——プログラマブルブロックキット「Stem:Bit」

教育用マイコンボード「micro:bit」を搭載したプログラマブルブロックキット「Stem:Bit」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Stem:Bitは、micro:bitと組み立てブロック、電子モジュールなどでロボットを作り、プログラミングで動かせるSTEM教育用ブロックキット。micro:bitと拡張ボード「Stem Board」、260個のブロック、モーターモジュール、赤外線リモコン、ラバーバンド、USBケーブルで構成され、組み立てマニュアルを見ながら簡単に組み立てられる。LEGOと互換性があり、対象年齢は8歳以上だ。

photo

Stem:Bitは、micro:bitに搭載されるテキストや数字、イメージ表示が可能な25個のプログラマブルLED、ボタン(A/B)、温度センサー、加速度センサー、コンパス、Bluetoothなどの機能を利用する。さらに、拡張ボードStem Boardに搭載されるバッテリー、RGBカラフルサーチライト×2、モーター用インターフェース、ブザー、赤外線受信機などの機能を追加してさまざまなロボットを作ることで、子どもたちの創造性を養うことができる。

photo

例えば、プログラミングでライン追跡機能を備えたIRカーや、坂道や悪路を走行できる4×4カー、高層ビルを建設するスカイスクレイパー、6本脚でクモのように歩くクローリングロボットなどの作製ができる。赤外線やBluetooth通信による、リモートコントロールも可能だ。

photo

Stem:Bitは、今なら数量限定の早割価格89ポンド(約1万1800円)で入手できる。micro:bitが必要であれば、11ポンド(約1500円)で追加できる。2019年10月の出荷を予定しており、日本への送料は45ポンド(約5980円)だ。

photo

Stem:Bitは、2019年8月25日までクラウドファンディングを実施中。8月8日時点で、1万ポンド(約133万円)の目標額に対して約3300ポンド(約42万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る