新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでロボットプログラミング——プログラマブルブロックキット「Stem:Bit」

教育用マイコンボード「micro:bit」を搭載したプログラマブルブロックキット「Stem:Bit」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Stem:Bitは、micro:bitと組み立てブロック、電子モジュールなどでロボットを作り、プログラミングで動かせるSTEM教育用ブロックキット。micro:bitと拡張ボード「Stem Board」、260個のブロック、モーターモジュール、赤外線リモコン、ラバーバンド、USBケーブルで構成され、組み立てマニュアルを見ながら簡単に組み立てられる。LEGOと互換性があり、対象年齢は8歳以上だ。

photo

Stem:Bitは、micro:bitに搭載されるテキストや数字、イメージ表示が可能な25個のプログラマブルLED、ボタン(A/B)、温度センサー、加速度センサー、コンパス、Bluetoothなどの機能を利用する。さらに、拡張ボードStem Boardに搭載されるバッテリー、RGBカラフルサーチライト×2、モーター用インターフェース、ブザー、赤外線受信機などの機能を追加してさまざまなロボットを作ることで、子どもたちの創造性を養うことができる。

photo

例えば、プログラミングでライン追跡機能を備えたIRカーや、坂道や悪路を走行できる4×4カー、高層ビルを建設するスカイスクレイパー、6本脚でクモのように歩くクローリングロボットなどの作製ができる。赤外線やBluetooth通信による、リモートコントロールも可能だ。

photo

Stem:Bitは、今なら数量限定の早割価格89ポンド(約1万1800円)で入手できる。micro:bitが必要であれば、11ポンド(約1500円)で追加できる。2019年10月の出荷を予定しており、日本への送料は45ポンド(約5980円)だ。

photo

Stem:Bitは、2019年8月25日までクラウドファンディングを実施中。8月8日時点で、1万ポンド(約133万円)の目標額に対して約3300ポンド(約42万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る