新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ピーバンドットコムが主催する作品数国内最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が、作品募集を開始した。

photo

GUGENは、2009年に開始した「電子工作コンテスト」が前身として生まれた、 実用性や商品性の高いアイデアを表彰するmakersの登竜門だ。「未来のふつう」となる製品やサービスを具現(GUGEN)化することをテーマに、2013年以降今年で7回目となる。今回は、新たなサービスや事業や産み出していくための「電子電機ものづくり」をテーマに、実用性、商品性の高いハードウェアの募集を行う。

未発表でオリジナルのハードウェア作品であること(市販のキットやマイコンの使用は可)、使う人、見る人に楽しさや便利さなどのメリットを提供できることなどが応募条件だ。

選考基準は「課題解決性」、「実現性」、「革新性」、「意匠性」、「キャラクター性」の5点。賞金等は、大賞が100万円(現金50万円+プリント基板、電子部品50万円相当)、優秀賞20万円(同様)、Goodアイデア賞10万円(同様)などとなっている。

募集期間は2019年11月5日まで。11月中旬に一次審査結果が発表され、12月8日に展示会および授賞式が行われる。応募はGUGEN2019のWebサイトから可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  2. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  6. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  7. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  8. 東北にMaker Faireがやってきた! 仙台に集まった個性豊かな東北Makerたち #SendaiMMF
  9. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)
  10. Windows 10 IoT CoreとRaspberry PiでIoTデバイスを作成——IoTデバイスプログラミング入門の第2版を刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る