新しいものづくりがわかるメディア

RSS


厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」

2つの性質の異なる半導体のセグメントを直列接続し、熱を吸収、放出させて冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」がReady forでプロジェクトを開始した。

photo

Smart Cool Jacketは、製造元が「SiCS(シーコス)」と呼ぶ独自技術を用いたクールスーツ。従来のファン式の場合、周囲が暑ければ入ってくる空気も暑いために涼しさを感じにくかったが、Smart Cool Jacketでは、40℃の定温ボックス内にて30 分でおよそ15℃の冷却効果を実現しているという。

photo

温度センサー情報とAIによって、着用者の体に合わせて温度を自動調整することができる。また、スマートフォンから温度やバッテリー残量の確認や出力調整ができ、タイマー設定で一定時間後に自動停止できるので、冷やし過ぎを防止することもできる。

photo

冷却システムは背面に搭載。長袖、半袖、袖なしの3スタイルでさまざまなシーンに合わせて着用できる。また、冷却システムを取り外せば丸洗いもでき、衛生面も考慮されている。

photo

バッテリー1個で4時間動作し、サイズはM、L、XL、XXLの4種をラインナップ。ジャケット本体の他にモバイルバッテリー2個、バッテリー充電器2個が付属する。

photo

支援およびリターンは、「50%OFF限定20着」が3万5000円、「35%OFF限定80着」が4万5500円などとなっている。2019年8月14日時点でプロジェクト第1目標20万円を達成、次の目標金額200万円のところ38万円以上の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る