新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」

ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」がKickstarterで人気を博している。

HuskyLens

HuskyLensは、プロセッサーにマシンビジョン用SoC「Kendryte K210」を採用した画像認識カメラ。顔認識、物体認識、タグ認識、カラー認識、物体追跡、ライン追跡といった6種類のアルゴリズムが組み込まれている。複数のアルゴリズムを同時に実行でき、ArduinoやRaspberry Piなどのマイクロコンピューターと組み合わせて、自律走行ロボットやジェスチャー認識を活用したインタラクティブアート作品などのプロジェクトを作ることができる。

HuskyLens
HuskyLens

Kendryte K210は、RISC-Vアーキテクチャーを採用したCPU(400MHz、64ビット、デュアルコア)を持つSoCで、KPU(Knowledge Processing Unit)と呼ばれる畳み込みニューラルネットワーク(CNN)用ハードウェアアクセラレーターを内蔵している。これにより、HuskyLensは毎秒30フレームの速度で顔認識を実行できるという。

HuskyLensには2インチのディスプレイも付いており、どのアルゴリズムでどのように認識されているのかを確認できる。

HuskyLens

HuskyLensの大きさは44.5×52mmで、クレジットカードの半分程度だ。ArduinoやRaspberry PiなどのマイクロコンピューターとはUARTポート経由で接続して通信する。通信速度は9600bps~2Mbpsだ。

HuskyLens
HuskyLens

HuskyLensの価格は、2メガピクセルカメラを搭載した標準版が39カナダドル(約3100円)で、5メガピクセルカメラを搭載した拡張版が65カナダドル(約5200円)。いずれも出荷は2019年11月の予定で、日本への送料は7カナダドル(約560円)だ。

また、HuskyLens拡張版を使ったキャタピラー走行ロボットを作れる「Tank Robot Kit」も、221カナダドル(約1万8000円)で用意されている。こちらの出荷は2019年12月の予定で、日本への送料は25カナダドル(約2000円)だ。

HuskyLensは3万カナダドル(約240万円)を目標に、2019年9月8日までクラウドファンディングを実施するが、2019年8月16日時点で目標額の2倍を超える約8万3000カナダドル(約660万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る