新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」

ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」がKickstarterで人気を博している。

HuskyLens

HuskyLensは、プロセッサーにマシンビジョン用SoC「Kendryte K210」を採用した画像認識カメラ。顔認識、物体認識、タグ認識、カラー認識、物体追跡、ライン追跡といった6種類のアルゴリズムが組み込まれている。複数のアルゴリズムを同時に実行でき、ArduinoやRaspberry Piなどのマイクロコンピューターと組み合わせて、自律走行ロボットやジェスチャー認識を活用したインタラクティブアート作品などのプロジェクトを作ることができる。

HuskyLens
HuskyLens

Kendryte K210は、RISC-Vアーキテクチャーを採用したCPU(400MHz、64ビット、デュアルコア)を持つSoCで、KPU(Knowledge Processing Unit)と呼ばれる畳み込みニューラルネットワーク(CNN)用ハードウェアアクセラレーターを内蔵している。これにより、HuskyLensは毎秒30フレームの速度で顔認識を実行できるという。

HuskyLensには2インチのディスプレイも付いており、どのアルゴリズムでどのように認識されているのかを確認できる。

HuskyLens

HuskyLensの大きさは44.5×52mmで、クレジットカードの半分程度だ。ArduinoやRaspberry PiなどのマイクロコンピューターとはUARTポート経由で接続して通信する。通信速度は9600bps~2Mbpsだ。

HuskyLens
HuskyLens

HuskyLensの価格は、2メガピクセルカメラを搭載した標準版が39カナダドル(約3100円)で、5メガピクセルカメラを搭載した拡張版が65カナダドル(約5200円)。いずれも出荷は2019年11月の予定で、日本への送料は7カナダドル(約560円)だ。

また、HuskyLens拡張版を使ったキャタピラー走行ロボットを作れる「Tank Robot Kit」も、221カナダドル(約1万8000円)で用意されている。こちらの出荷は2019年12月の予定で、日本への送料は25カナダドル(約2000円)だ。

HuskyLensは3万カナダドル(約240万円)を目標に、2019年9月8日までクラウドファンディングを実施するが、2019年8月16日時点で目標額の2倍を超える約8万3000カナダドル(約660万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  8. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能
  9. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  10. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る