新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEDが解き方を教えてくれる——スマートルービックキューブ「JUNECUBE」

スマートルービックキューブ「JUNECUBE」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

JUNECUBEは、LEDが光って解き方を教えてくれるルービックキューブ。コーナーパーツに組み込まれたLEDが回す方向を示してくれるので、混ざった状態から指示に従って回すだけで面を揃えられる。

photo

JUNECUBEは単独でもプレイできるが、アプリと連動し「ミッション」、「タイマー」、「ゲーム」などのコンテンツも用意する。また、LEDの明るさを調整すればムードライトとしても利用できる。2019年末までに、AppleアプリストアかGoogle Playでスマホアプリを提供する予定だ。

photo

本体のサイズは65×65×65mmと本家より一回り大きく、重さは180g。1時間でフル充電でき、約10時間プレイできる。Bluetooth BLE通信に対応する。表面の各カラーは透明のアクリルプレートで作られ、好みのカラーに交換できる。

photo

JUNECUBEは、今なら数量限定の早割価格59ドル(約6300円)で入手できる。本体、充電器(micro USBケーブルは含まず)、マニュアルのセットになる。2020年2月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1060円)だ。

JUNECUBEは、2019年9月27日までクラウドファンディングを実施中。8月26日時点で、2万5000ドル(約266万円)の目標額に対して約9300ドル(約98万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る