新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEDが解き方を教えてくれる——スマートルービックキューブ「JUNECUBE」

スマートルービックキューブ「JUNECUBE」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

JUNECUBEは、LEDが光って解き方を教えてくれるルービックキューブ。コーナーパーツに組み込まれたLEDが回す方向を示してくれるので、混ざった状態から指示に従って回すだけで面を揃えられる。

photo

JUNECUBEは単独でもプレイできるが、アプリと連動し「ミッション」、「タイマー」、「ゲーム」などのコンテンツも用意する。また、LEDの明るさを調整すればムードライトとしても利用できる。2019年末までに、AppleアプリストアかGoogle Playでスマホアプリを提供する予定だ。

photo

本体のサイズは65×65×65mmと本家より一回り大きく、重さは180g。1時間でフル充電でき、約10時間プレイできる。Bluetooth BLE通信に対応する。表面の各カラーは透明のアクリルプレートで作られ、好みのカラーに交換できる。

photo

JUNECUBEは、今なら数量限定の早割価格59ドル(約6300円)で入手できる。本体、充電器(micro USBケーブルは含まず)、マニュアルのセットになる。2020年2月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1060円)だ。

JUNECUBEは、2019年9月27日までクラウドファンディングを実施中。8月26日時点で、2万5000ドル(約266万円)の目標額に対して約9300ドル(約98万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る