新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEDが解き方を教えてくれる——スマートルービックキューブ「JUNECUBE」

スマートルービックキューブ「JUNECUBE」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

JUNECUBEは、LEDが光って解き方を教えてくれるルービックキューブ。コーナーパーツに組み込まれたLEDが回す方向を示してくれるので、混ざった状態から指示に従って回すだけで面を揃えられる。

photo

JUNECUBEは単独でもプレイできるが、アプリと連動し「ミッション」、「タイマー」、「ゲーム」などのコンテンツも用意する。また、LEDの明るさを調整すればムードライトとしても利用できる。2019年末までに、AppleアプリストアかGoogle Playでスマホアプリを提供する予定だ。

photo

本体のサイズは65×65×65mmと本家より一回り大きく、重さは180g。1時間でフル充電でき、約10時間プレイできる。Bluetooth BLE通信に対応する。表面の各カラーは透明のアクリルプレートで作られ、好みのカラーに交換できる。

photo

JUNECUBEは、今なら数量限定の早割価格59ドル(約6300円)で入手できる。本体、充電器(micro USBケーブルは含まず)、マニュアルのセットになる。2020年2月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1060円)だ。

JUNECUBEは、2019年9月27日までクラウドファンディングを実施中。8月26日時点で、2万5000ドル(約266万円)の目標額に対して約9300ドル(約98万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る