新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大36ボタンのコントローラーができる——マトリクス配線作業を簡略化する「REVIVE USB MICRO マトリクスブレイクアウトボード」

ビット・トレード・ワンが、マトリクス配線作業を簡略化するブレイクアウトボード「REVIVE USB MICRO マトリクスブレイクアウトボード」を発売する。

photo

コントローラーなどを作製する際に利用するマトリクス配線は、多数のボタンが配置できる代わりに細かな作業が必要なため、工作難易度が高い。REVIVE USB MICRO マトリクスブレイクアウトボードを使うことで、ボード上の端子にボタンを接続していくだけで、最大36ボタンのコントローラーが作製できる。ボード側でのはんだ付けの必要がなく、ボタンのテストなどにも利用可能だ。

設定ツールから、キーボードの任意キーの割当や、マウスの移動、左右クリックなど、またジョイパッドのX軸/Y軸や各種ボタンの割り当てができる。

対応アプリケーションがWindows7以降の対応で、コネクタはUSBマイクロB、電源は5V(USB給電)だ。

photo

サイズは、端子台ありモデルが120×32×15mm、端子台なしモデルが120×32×8mm。価格はオープンで、市場想定売価が端子台ありのモデルが4380円前後、端子台なしモデルが3480円前後となっている。発売は2019年8月28日だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  8. レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」
  9. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」
  10. これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る