新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LIDARを使ったロングレンジ3Dスキャナー「GeoTaker」

LIDAR技術を搭載した3Dスキャナー「GeoTaker」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

GeoTakerは、短いパルスレーザーの反射を利用するLIDAR技術を組み込んだ長距離3Dスキャナー。住居や博物館といった空間や彫刻など、大型物体の形状をデジタル化することを目的としている。最大計測範囲は40mで、水平方向360°、垂直方向270°の球状の3Dスキャンが特徴だ。

photo

使い方は、測定対象の前にGeoTakerを設置してスタートボタンを押すだけだ。データは、SDカードにOBJ/CSVファイルとして保存でき、CADプログラムから直接インポートできる。三角メッシュオブジェクトを使ってCADでレンダリングとアニメーションするような用途を想定しており、VR/ARアプリケーションでの利用も見込んでいる。

photo

最大寸法は210×140×210mm、重量は約3kg。開口部は12.5mmだ。1.3Wのクラス1レーザーを使用し、波長は905nm、スキャンは1分間に660点以上。計測範囲は5cm~40m(推奨距離は2~38m)。分解能は1cmで、2m以上離れたところでの精度は±2.5cm。ただし、直射日光は精度に影響するため、注意が必要だとしている。

早割価格は1199ユーロ(約14万1700円)。出荷は2020年3月の予定で、日本への送料は50ユーロ(約5900円)だ。10万ユーロ(約1160万円)を目標に、2019年9月13日までクラウドファンディングを実施している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る