新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Wi-Fi/Bluetooth搭載のArduino互換開発ボード「Grape-Express Mini」

Wi-Fi/Bluetooth搭載のArduino互換開発ボード「Grape-Express Mini」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Grape-Express Miniは、プロトタイプやプロジェクトの開発期間の短縮を目的としたボード。ボードにはあらかじめ主要なモジュールやコネクターを組み込んでおり、LEDが点滅するだけの簡単なタイマーから、ユーザーインタフェースを搭載したミニコンピューターとしてまで、目的に応じた利用ができる。

photo

マイコンには「ATMEGA2560」を採用。JTAGまたはISP経由でATMEL-ICEプログラマを利用するか、micro USB経由でPCと接続してプログラミングできる。開発初心者でも取り組みやすいように、専用ソフトウェアを用意し、Arduino IDEにも対応する。

photo

外部アンテナ付きWi-Fiモジュール「RN171」、Bluetooth 4.2(BLE)モジュール「RN4871」を搭載し、マイコンまたは外部から制御可能で、データ転送の安全性にも配慮している。1.3インチOLEDディスプレイも搭載し、テキストやグラフィックスの表示が可能。また、センサーやほかのモジュールが取り付けられるように、ボードの両側にコネクターを複数配置している。

photo

リチウムイオン電池を内蔵し、20分の充電で最長6時間駆動する。外部電源との切り換えは自動で行い、ケーブルを取り外してもプロジェクトが中断することは無い。

photo

大きさは100×49×22mm。256KBのフラッシュメモリ、4KBのEEPROM、8KBのRAMを搭載。短絡保護機能、過熱保護機能もサポートする。

photo

価格は65スイスフラン(約7000円)。出荷は2019年10月の予定で、日本への送料は15フラン(約1600円)だ。

Grape-Express Miniは、2019年9月18日までクラウドファンディングを実施中。9月5日時点で、目標額2000スイスフラン(約21万4000円)のうち、約1100フラン(約12万3000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る