新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Wi-Fi/Bluetooth搭載のArduino互換開発ボード「Grape-Express Mini」

Wi-Fi/Bluetooth搭載のArduino互換開発ボード「Grape-Express Mini」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Grape-Express Miniは、プロトタイプやプロジェクトの開発期間の短縮を目的としたボード。ボードにはあらかじめ主要なモジュールやコネクターを組み込んでおり、LEDが点滅するだけの簡単なタイマーから、ユーザーインタフェースを搭載したミニコンピューターとしてまで、目的に応じた利用ができる。

photo

マイコンには「ATMEGA2560」を採用。JTAGまたはISP経由でATMEL-ICEプログラマを利用するか、micro USB経由でPCと接続してプログラミングできる。開発初心者でも取り組みやすいように、専用ソフトウェアを用意し、Arduino IDEにも対応する。

photo

外部アンテナ付きWi-Fiモジュール「RN171」、Bluetooth 4.2(BLE)モジュール「RN4871」を搭載し、マイコンまたは外部から制御可能で、データ転送の安全性にも配慮している。1.3インチOLEDディスプレイも搭載し、テキストやグラフィックスの表示が可能。また、センサーやほかのモジュールが取り付けられるように、ボードの両側にコネクターを複数配置している。

photo

リチウムイオン電池を内蔵し、20分の充電で最長6時間駆動する。外部電源との切り換えは自動で行い、ケーブルを取り外してもプロジェクトが中断することは無い。

photo

大きさは100×49×22mm。256KBのフラッシュメモリ、4KBのEEPROM、8KBのRAMを搭載。短絡保護機能、過熱保護機能もサポートする。

photo

価格は65スイスフラン(約7000円)。出荷は2019年10月の予定で、日本への送料は15フラン(約1600円)だ。

Grape-Express Miniは、2019年9月18日までクラウドファンディングを実施中。9月5日時点で、目標額2000スイスフラン(約21万4000円)のうち、約1100フラン(約12万3000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  2. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  3. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  4. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」
  7. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  10. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る