新しいものづくりがわかるメディア

RSS


eiicon、日本郵便と共同で「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2019」を開始——共創パートナー企業を募集

パーソルイノベーションが運営するオープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」は、日本郵便と共に、スタートアップ企業などのパートナー企業との共創を目指すオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2019」を開始した。

同プログラムは現在の物流業界が直面する環境変化を踏まえ、郵便局とネットワークを通じ、地域/社会の暮らしをより豊かにすることを目的として2017年度から実施している。

3回目となる今回は、全国各地を網羅する郵便/物流ネットワークなど日本郵便のリソースを活用し、パートナー企業とともに郵便/物流のバリューチェーン全体の変革に取り組む。

募集テーマは「郵便/物流のバリューチェーンを改革し、最適な仕組みで届ける」。オペレーションの最適化や自動化、顧客の利便性向上を追求し、配送の価値を再定義することが目的だ。

例としてAIやIoTの活用によるバリューチェーンの最適化や、ロボティクスを活用したオペレーションの自動化、データサイエンスやIoTの活用によるサービスイノベーション、配送にとどまらないさまざまな価値を届ける新たなサービスの提供などを挙げている。

郵便局から提供されるアセットとして、約2万4000箇所に及ぶ郵便局や全国約18万本の郵便ポスト、約12万台の配達用車両、国内外の物流拠点といった、全国各地におけるバリューチェーンが活用可能だ。

加えて、バリューチェーン上から抽出可能な幅広いデータ、さらには協業発表会でのプロモーションの機会や、各種イベントへの共同応募や協調講演などのファイナンス/プロモーション支援もリソースとして利用できる。

専用サイトにて2019年9月30日までパートナー企業を募集。その後審査を実施し、採択企業との実証実験などを通じて事業展開を検討する。共創期間の開始は2019年11月を予定しており、週次で1時間ほどのメンタリングを実施予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  2. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  3. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  4. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」
  7. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  10. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る