新しいものづくりがわかるメディア

RSS


eiicon、日本郵便と共同で「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2019」を開始——共創パートナー企業を募集

パーソルイノベーションが運営するオープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」は、日本郵便と共に、スタートアップ企業などのパートナー企業との共創を目指すオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2019」を開始した。

同プログラムは現在の物流業界が直面する環境変化を踏まえ、郵便局とネットワークを通じ、地域/社会の暮らしをより豊かにすることを目的として2017年度から実施している。

3回目となる今回は、全国各地を網羅する郵便/物流ネットワークなど日本郵便のリソースを活用し、パートナー企業とともに郵便/物流のバリューチェーン全体の変革に取り組む。

募集テーマは「郵便/物流のバリューチェーンを改革し、最適な仕組みで届ける」。オペレーションの最適化や自動化、顧客の利便性向上を追求し、配送の価値を再定義することが目的だ。

例としてAIやIoTの活用によるバリューチェーンの最適化や、ロボティクスを活用したオペレーションの自動化、データサイエンスやIoTの活用によるサービスイノベーション、配送にとどまらないさまざまな価値を届ける新たなサービスの提供などを挙げている。

郵便局から提供されるアセットとして、約2万4000箇所に及ぶ郵便局や全国約18万本の郵便ポスト、約12万台の配達用車両、国内外の物流拠点といった、全国各地におけるバリューチェーンが活用可能だ。

加えて、バリューチェーン上から抽出可能な幅広いデータ、さらには協業発表会でのプロモーションの機会や、各種イベントへの共同応募や協調講演などのファイナンス/プロモーション支援もリソースとして利用できる。

専用サイトにて2019年9月30日までパートナー企業を募集。その後審査を実施し、採択企業との実証実験などを通じて事業展開を検討する。共創期間の開始は2019年11月を予定しており、週次で1時間ほどのメンタリングを実施予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る