新しいものづくりがわかるメディア

RSS


武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売

武藤工業が、産業向けDLP光造形方式デスクトップ3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」の受注を、2019年9月20日より開始する。

ML-100およびML-80は、樹脂硬化にUV光を使用するDLPを採用する3Dプリンター。吊り下げ型の積層方式を採用することで、コンパクトな筐体で高精度の造形を可能にした。

光源にFull-HD対応を採用し、ML-100はXY解像度が50μmで最大造形サイズが96×54×130mm、ML-80はXY解像度が40μmで最大造形サイズが76×42×130mmを実現している。より造形サイズの大きなML-100は製造業での部品試作など、高解像度のML-80は宝飾デザインなどの緻密な造形に適しているという。

両モデルとも最小積層ピッチは25μm、最大積層ピッチは100μm。USBメモリー経由で造形データを取り込んで作業できるので、PCの常時接続は不要だ。

また、造形物表面平滑化処理機能を備えたスライサーソフト「Mutoh Slicer_J」を標準装備し、高精細の工業製品に求められる寸法精度や嵌め合いの検証をはじめ、滑らかな表面が必要な造形物にも対応する。さらに、シンプルで堅牢な造形バットや造形ステージを備え、造形バットがワンタッチで脱着できるため、樹脂回収やバット清掃が容易に行える。

入力データ形式はSTL、表示および操作部には7インチLCDパネルを備える。外形寸法および重量は両モデル共通で400×390×570mm、34kgだ。

本体価格は両モデルとも230万円(税別)、スタンダードタイプから硬質、耐熱タイプなど目的に合わせた樹脂も用意されている。両モデルで初年度50台の販売を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る