新しいものづくりがわかるメディア

RSS


好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定

3Dキャラクターと音声コミュニケーションが可能なキャラクター召喚装置「Gatebox」の量産モデルの発売日が、2019年10月11日に決定した。

photo

Gateboxは、プロジェクション技術とセンシング技術を使って、ボックス内にキャラクターを呼び出して、ユーザーとの音声によるコミュニケーションを可能にするもの。GTBX-100は、2017年に発売した初代Gateboxの量産モデルとなる。

photo

量産モデルは当初2018年7月に予約販売を開始したが、正式発売は延期、その後製品改良期間を経て、今回発売日が明らかになった。

価格は15万円(税別)で、別途月額1500円の利用料が必要だ。購入はGatebox公式サイトから可能で、2019年10月15日以降順次発送する。

photo

今回の発売に合わせて、Gateboxの中で動くキャラクターを実際に見たり、個別ブースでオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」との共同生活を疑似体験できる「Gateboxプレミアム体験会」を2019年10月12~13日、東京都江東区のHYPERMIX門前仲町で実施する。体験会参加には、Gateboxメールマガジンの登録が必要で、登録者に対して応募フォームが送られる。なお体験会は11月以降も実施する予定とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る