新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitで電子工作入門——カットシステム、「micro:bit×Groveで楽しむ電子工作」発刊

カットシステムは、「micro:bit×Groveで楽しむ電子工作」を2019年10月20日に刊行する。

本書は、マイコンボード「micro:bit」と、Groveデバイスを組み合わせた電子工作を解説する初心者向けの入門書だ。

JavaScriptの文法が理解できて、まだ電子工作に馴染みのないユーザーを想定。本書を通じてマイコンボードの基本的な立ち位置を理解し、配線作業を除いた電子工作の入り口に立てるようにするのが狙いだ。既にmicro:bitを活用しているユーザーでもGroveデバイスの活用により、配線作業から解放される利点がある。

全5章構成で、前半2章でイントロダクション/Groveシールドなどの環境構築を説明した後、第3章「Grove基本プログラミング」ではGroveデバイスを用いたプログラミングについて解説する。そして第4章「MicroPython」ではLED/LCD/GPSの実装についてそれぞれ説明。第5章「Grove応用プログラミング」ではPCによるLCD制御やCPU使用率表示器、光センサーと連動したPCのシャットダウンプログラム、測距スピーカーなどについて解説する。

付録ではGroveデバイスの移植方法や、micro:bitのJavaScript処理系などについて取り扱う。特典として、学習に使えるサンプルファイルがダウンロード可能だ。

著者は川口直也氏。A5判168ページで、価格は1800円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る