新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitで電子工作入門——カットシステム、「micro:bit×Groveで楽しむ電子工作」発刊

カットシステムは、「micro:bit×Groveで楽しむ電子工作」を2019年10月20日に刊行する。

本書は、マイコンボード「micro:bit」と、Groveデバイスを組み合わせた電子工作を解説する初心者向けの入門書だ。

JavaScriptの文法が理解できて、まだ電子工作に馴染みのないユーザーを想定。本書を通じてマイコンボードの基本的な立ち位置を理解し、配線作業を除いた電子工作の入り口に立てるようにするのが狙いだ。既にmicro:bitを活用しているユーザーでもGroveデバイスの活用により、配線作業から解放される利点がある。

全5章構成で、前半2章でイントロダクション/Groveシールドなどの環境構築を説明した後、第3章「Grove基本プログラミング」ではGroveデバイスを用いたプログラミングについて解説する。そして第4章「MicroPython」ではLED/LCD/GPSの実装についてそれぞれ説明。第5章「Grove応用プログラミング」ではPCによるLCD制御やCPU使用率表示器、光センサーと連動したPCのシャットダウンプログラム、測距スピーカーなどについて解説する。

付録ではGroveデバイスの移植方法や、micro:bitのJavaScript処理系などについて取り扱う。特典として、学習に使えるサンプルファイルがダウンロード可能だ。

著者は川口直也氏。A5判168ページで、価格は1800円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る