新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitで電子工作入門——カットシステム、「micro:bit×Groveで楽しむ電子工作」発刊

カットシステムは、「micro:bit×Groveで楽しむ電子工作」を2019年10月20日に刊行する。

本書は、マイコンボード「micro:bit」と、Groveデバイスを組み合わせた電子工作を解説する初心者向けの入門書だ。

JavaScriptの文法が理解できて、まだ電子工作に馴染みのないユーザーを想定。本書を通じてマイコンボードの基本的な立ち位置を理解し、配線作業を除いた電子工作の入り口に立てるようにするのが狙いだ。既にmicro:bitを活用しているユーザーでもGroveデバイスの活用により、配線作業から解放される利点がある。

全5章構成で、前半2章でイントロダクション/Groveシールドなどの環境構築を説明した後、第3章「Grove基本プログラミング」ではGroveデバイスを用いたプログラミングについて解説する。そして第4章「MicroPython」ではLED/LCD/GPSの実装についてそれぞれ説明。第5章「Grove応用プログラミング」ではPCによるLCD制御やCPU使用率表示器、光センサーと連動したPCのシャットダウンプログラム、測距スピーカーなどについて解説する。

付録ではGroveデバイスの移植方法や、micro:bitのJavaScript処理系などについて取り扱う。特典として、学習に使えるサンプルファイルがダウンロード可能だ。

著者は川口直也氏。A5判168ページで、価格は1800円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る