新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ファジー(文系)とテッキー(理系)の最強タッグ——東洋館出版、「FUZZY-TECHIE」発刊

東洋館出版は、「FUZZY-TECHIE」を刊行した。

本書はSTEM教育に焦点を当てた一冊だ。活躍中の起業家らの発言や功績などの紹介を通じ、「テッキー(理系)」の活躍によって情報通信技術が民主化されはじめた現代において、「ファジー(曖昧な文系)」がアイデアとリーダーシップを発揮することで、人間にとってより豊かな時代を築ける、と主張する。

全9章構成。カリグラフィの学びを一貫し続けたスティーブ・ジョブズをはじめ、推薦アルゴリズムでファッションを提案するスティッチフィックスが立ち上がる際の文系力に着目する。他に、高度に人間的な知識と判断力を要するアメリカ海軍の司令塔や、国連で食糧再分配のシステム構築に挑戦するヴァイオリニストなどが登場し、斬新な発想の素地に迫る。

一方で「AIのカーテンの向こう側には人間がいる」として、マイクロソフトのチャットボット「エイミー」の失敗や、エコーチェンバーなどに代表されるAIの危険性にも警鐘を鳴らす。最終的には、データリテラシーやナラティブサイエンスなど、従来の文理を組み合わせた学問の登場に触れ、「ファジーとテッキーが組み合わさればなんでもできる」と締めくくる。

著者はスコット・ハートリー氏、訳者は鈴木立哉氏。384ページで、価格は1980円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る