新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジンズ、3Dプリント技術を使ったサングラス「Neuron4D」発売

ジンズは、ハイエンド層向けアイウエアブランド「J of JINS(ジェイ オブ ジンズ)」から、Carbonの3Dプリンターで製造した部品を使用したサングラス「Neuron4D(ニューロンフォーディー)」を、2019年10月31日に発売する。

photo

Neuron4Dは、テンプル(メガネのつる)の内側に、3Dプリンターで造形した枝状に分岐した格子が周期的に並んだラティス構造パーツを使用したサングラスだ。着用時に締め付けることなく頭の形に合わせて変形するクッション性と通気性を備え、フィット感を実現している。

photo

多角形に組み上げられたラティス構造は、0.1mm単位での硬さのグラデーションを施し、テンプルエンドに向かうほど柔らかくなる設計だ。柱の直径は丁番側で0.8mm、テンプルエンド側で0.6mmと0.1mm単位の緻密さを実現した。これにより、動いてもずれにくく、ムレにくいとしている。3Dプリント部品の素材はポリウレタンだ。

photo

ラインアップは、ウエリントン、ボストンの2型2色、レンズ各3色の、計12アイテム。付属品は、Neuron4Dオリジナルケース、J of JINSオリジナルセリート。価格は2万5000円、一部偏光レンズは2万7000円(いずれも税別)。J of JINS六本木ヒルズ店のみ別料金にて度付き変更可能となっている。

photo

発売に先駆けJ of JINS公式サイトにて、10月25日0:00から30本限定でオンライン予約販売を受け付け、10月31日より順次発送予定。11月21日よりオンライン購入が可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  8. レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」
  9. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」
  10. これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る