新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジンズ、3Dプリント技術を使ったサングラス「Neuron4D」発売

ジンズは、ハイエンド層向けアイウエアブランド「J of JINS(ジェイ オブ ジンズ)」から、Carbonの3Dプリンターで製造した部品を使用したサングラス「Neuron4D(ニューロンフォーディー)」を、2019年10月31日に発売する。

photo

Neuron4Dは、テンプル(メガネのつる)の内側に、3Dプリンターで造形した枝状に分岐した格子が周期的に並んだラティス構造パーツを使用したサングラスだ。着用時に締め付けることなく頭の形に合わせて変形するクッション性と通気性を備え、フィット感を実現している。

photo

多角形に組み上げられたラティス構造は、0.1mm単位での硬さのグラデーションを施し、テンプルエンドに向かうほど柔らかくなる設計だ。柱の直径は丁番側で0.8mm、テンプルエンド側で0.6mmと0.1mm単位の緻密さを実現した。これにより、動いてもずれにくく、ムレにくいとしている。3Dプリント部品の素材はポリウレタンだ。

photo

ラインアップは、ウエリントン、ボストンの2型2色、レンズ各3色の、計12アイテム。付属品は、Neuron4Dオリジナルケース、J of JINSオリジナルセリート。価格は2万5000円、一部偏光レンズは2万7000円(いずれも税別)。J of JINS六本木ヒルズ店のみ別料金にて度付き変更可能となっている。

photo

発売に先駆けJ of JINS公式サイトにて、10月25日0:00から30本限定でオンライン予約販売を受け付け、10月31日より順次発送予定。11月21日よりオンライン購入が可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る