新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売

オリジナルマインドは、全軸リニアガイドを採用したデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズとして、「CL100」、「CL200」、「CL420」の加工エリアの異なる3モデルを発売した。

photo

KitMill CLシリーズの加工範囲は、CL100が220×180mm、CL200が350×200mm、CL420が350×420mmで、CL100には12Wのスピンドルモーターが標準で付属。2020年3月発売予定の30Wスピンドルモーターへの変更も可能だ。CL200、CL420は35Wスピンドルモーターが付属する。

photo

別売りの基板加工アタッチメントを取り付ければ、基板加工機としても利用できる。プレッシャーフットを備えているので、生基板が反っていたり傾いていても問題なく加工可能だ。また、別売りの土佐昌典(トサマサノリ)VCまたは土佐昌典FTを使用すれば、刃物を交換せずに1本の刃のみですべての基板加工を自動的に実行することができる。

photo

取付可能な材料の高さは、42mm(基板加工アタッチメント装着時は29mm)、加工可能な材料は、樹脂、FRP、木材、アルミ合金全般および真鍮だ。ツールチャック形式はセットスクリュー式で、対応シャンク径はΦ3、Φ3.175、Φ4、Φ6(購入時に選択)だ。

photo

定格回転数はCL100が毎分4800回転、CL200、CL420が毎分5600回転、ステッピングモーターはCL100が42mm角、CL200、CL420が56mm角で、分解能はCL100が0.78μm、CL200、CL420が1.25μmだ。

価格は、CL100が24万8000円、CL200が28万8000円、CL420が34万8000円(いずれも税込)で、本体の他にコントローラー(TRA150)、制御用ソフトウェア(USBCNC)、配線用ケーブルが付属する。

基板加工アタッチメントの他にも、原点センサーセットやコレットチャック式スピンドルなどのオプション品も用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  5. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  8. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  9. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  10. ビニールテープで電車を制御——電車遊びでプログラミングを学べる「LoCoMoGo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る