新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売

オリジナルマインドは、全軸リニアガイドを採用したデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズとして、「CL100」、「CL200」、「CL420」の加工エリアの異なる3モデルを発売した。

photo

KitMill CLシリーズの加工範囲は、CL100が220×180mm、CL200が350×200mm、CL420が350×420mmで、CL100には12Wのスピンドルモーターが標準で付属。2020年3月発売予定の30Wスピンドルモーターへの変更も可能だ。CL200、CL420は35Wスピンドルモーターが付属する。

photo

別売りの基板加工アタッチメントを取り付ければ、基板加工機としても利用できる。プレッシャーフットを備えているので、生基板が反っていたり傾いていても問題なく加工可能だ。また、別売りの土佐昌典(トサマサノリ)VCまたは土佐昌典FTを使用すれば、刃物を交換せずに1本の刃のみですべての基板加工を自動的に実行することができる。

photo

取付可能な材料の高さは、42mm(基板加工アタッチメント装着時は29mm)、加工可能な材料は、樹脂、FRP、木材、アルミ合金全般および真鍮だ。ツールチャック形式はセットスクリュー式で、対応シャンク径はΦ3、Φ3.175、Φ4、Φ6(購入時に選択)だ。

photo

定格回転数はCL100が毎分4800回転、CL200、CL420が毎分5600回転、ステッピングモーターはCL100が42mm角、CL200、CL420が56mm角で、分解能はCL100が0.78μm、CL200、CL420が1.25μmだ。

価格は、CL100が24万8000円、CL200が28万8000円、CL420が34万8000円(いずれも税込)で、本体の他にコントローラー(TRA150)、制御用ソフトウェア(USBCNC)、配線用ケーブルが付属する。

基板加工アタッチメントの他にも、原点センサーセットやコレットチャック式スピンドルなどのオプション品も用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る