新しいものづくりがわかるメディア

RSS


様々な素材にメッセージが印刷できる——ポケットサイズのポータブルプリンター「PrintPen」

ポケットサイズのポータブルプリンター「PrintPen」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、24時間で目標額の調達に成功している。

photo

PrintPenは、アプリにアップロードしたイラスト文字やデザインをプリントできるコンパクトで軽量なプリンター。凹凸のある表面でも印刷でき、肌用インクを使えば腕などに直接プリントすることも可能だ。

photo

使い方は簡単で、Android/iOS対応の専用アプリ「EVEBOT」に印刷したいデザインをアップロードし、プリントボタンをタップするだけで印刷の準備が整う。凹凸がある不均一な面にも印刷可能で、布、紙、陶磁器、ガラス、金属、木材、皮革、人の皮膚などさまざまな素材にも対応できる。

photo

本体は、CNC加工したアルミ合金を使っており、充電式バッテリーを内蔵する。本体サイズは174×53×30mmで重さは255g、Wi-Fi通信に対応する。プリントヘッドの幅は26mmあり、幅広のイラスト文字やQRコードの印刷ができる。

photo

専用交換式カートリッジは「エントリーレベル」「プロフェッショナルグレード」の2タイプがあり、エントリーレベルは肌用インク(ネイビーブラック)と蛍光インク(ブルー)、プロフェッショナルグレードは染料系インク(レッド/ブラック/ブルー)とエコソルベントインク(レッド/ブラック/ブルー)が利用できる。

PrintPenの予定小売価格は199ドル(約2万1500円)で、今なら数量限定の早割価格119ドル(約1万2800円)で入手できる。本体の他、インクカートリッジ(スキンフレンドリー)、USB(type C)充電ケーブル、ユーザーマニュアルが付属する。2019年11月の出荷を予定しており、日本への送料は18ドル(約1940円)だ。

PrintPenは、2019年10月27日までクラウドファンディングを実施中。10月10日時点で、3万ドル(約324万円)の目標額を大きく上回る約30万ドル(約3230万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る