新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」

ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Madclockmakerは、木製部品を使い手作業で組み立てたメカニカル時計シリーズ。レトロなメカニズムを融合したデザインの6モデルを用意しており、それぞれ独自のシステムで駆動する。

photo

壁掛け時計「Moon calendar」、「The Fish」、「The Magic Tree」は、おもりの重さで駆動する重錘式掛時計だ。ストロークの精度は振り子で制御し、巻き上げは本体のハンドルで行う。

photo

Moon calendarは月齢表示付きで、サイズは400×400×180mm、振り子の長さ800mm、重さ8kg。パーツの数は50で、メタルロッド9本、素材にオーク、アルダー、メイプル、バーチを使う。

photo

The Fishのサイズは300×400×180mmで、振り子の長さ800mm、重さ8kg。パーツの数は50で、メタルロッド9本、素材にオーク、アルダー、メイプル、バーチを使う。

photo

The Magic Treeのサイズは500×500×180mmで、振り子の長さ800mm、重さ8kg。パーツの数は50で、メタルロッド9本、素材にオーク、メイプル、バーチを使う。

photo

置き時計「Gothic」、壁掛け時計「Balloon Wall」、「Sailing ship」はクォーツ式ムーブメントの電子時計。動力伝達にダイナミックウッドギアを採用し、1.5V単三電池1個で動く。精度は日差1秒だ。

photo

Gothicのサイズは200×380×80mmで重さは0.4kg。パーツの数は32で、メタルロッド5本、素材にバーチプライウッドを使う。

Balloon Wallのサイズは230×410×80mmで、重さは0.5kg。パーツの数は40で、メタルロッド5本、素材にバーチプライウッドを使う。

photo

Sailing shipのサイズは370×380×80mmで、重さは0.6kg。パーツの数は40で、メタルロッド5本、素材にバーチプライウッドを使う。

Moon calendar、The Fish、The Magic Tree、Gothic、Balloon Wall、Sailing shipは、今ならそれぞれ数量限定の早割価格499ドル(約5万3500円)/499ドル/599ドル(約6万4200円)/89ドル(約9500円)/96ドル(約1万300円)/96ドルで入手できる。2020年1月の出荷を予定しており、日本への送料はMoon calendar、The Fish、The Magic Treeが56ドル(約6000円)、Gothic、Balloon Wall、Sailing shipが20ドル(約2140円)だ。

Madclockmakerは、2019年10月24日までクラウドファンディングを実施中。10月17日時点で、5000ドル(約54万円)の目標額に対して約6700ドル(約73万円)を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る