新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全ての人にシームレスな移動を——WHILL、日本航空、日本空港ビルデング、羽田空港における次世代型電動車椅子の自動運転の試験走行を実施

WHILL、日本航空(JAL)、日本空港ビルデングは、空港利用者へのシームレスな移動の提供を目的に、自動運転パーソナルモビリティ(次世代型電動車椅子)の共同プロジェクトとして、羽田空港での電動車椅子の試験走行を実施する。

実施期間は2019年11月2日~3日。実施場所は羽田空港第1ターミナル南ウイング(3-9番搭乗口とコンコース間)となる。JALグループ便に搭乗し、車椅子の利用を希望する顧客が利用対象だ。

長距離の歩行に不安を感じ(車椅子利用者を含む)、かつ自動運転パーソナルモビリティの乗車を希望する利用者に対して、WHILLが開発する自動運転技術を搭載したパーソナルモビリティ「WHILL自動運転システム」を利用してもらい、搭乗口まで案内する。

WHILL自動運転システムは、パーソナルモビリティに自動運転/自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理/運用するシステムから構成される、歩道/室内領域のための自動運転システムからなる。

搭載したセンサー群で周囲の状況を検知して自動停止するとともに、あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせて、自動で走行する。空港をはじめ、駅、商業施設などの大型施設での利用を視野に入れている。

WHILLは2011年10月にCAMPFIREにてクラウドファンディングを開始し、100万円以上の資金調達に成功して2012年5月に会社を設立。2016年にはパーソナルモビリティ「WHILL Model M」がアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を得ることに成功しており、2017年12月には研究開発モデル「WHILL Model CR」の販売を開始している。

3社は、2020年度中の空港における自動運転パーソナルモビリティの商業化/実用化を目指している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る