新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国産電動車いす「WHILL Model M」が米FDA認可を取得——医療機器としての販売が可能に

WHILL Model M Maneuver the World

パーソナルモビリティを生産/販売するWHILLは、アメリカ市場向けに2016年初夏に発売を予定している「WHILL Model M」がアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を取得したと発表した。

photo

アメリカにおいて車いすを医療機器として販売するためにはFDAの認可が必要となる。今回WHILL Model Mが認可を取得したことにより、医師がWHILL Model Mを医療機器として処方し販売することができるようになった。

これを受けて、日本医療機器開発機構代表取締役CEOで元FDA医療機器審査官の内田毅彦氏は、「FDAの審査プロセスは厳正で申請には適切で周到な準備が必要です。WHILLが設立からわずか4年弱でFDAの認可を取得したことは特筆すべき成果です」とコメントした。

WHILLは2011年10月にCAMPFIREにてクラウドファンディングを募集した。100万円以上の資金調達に成功したのち、2012年5月に会社を設立した。

2014年秋には量産化に成功。東京都墨田区のものづくりスペース「Garage Sumida」で車体部品を開発したことでも話題になった。

関連記事

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る