新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BuchlaのシンセがKickstarterに登場——MIDI対応アナログシンセサイザー「Easel Command」

デスクトップサイズのアナログシンセサイザー「Easel Command/208c」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo Easel Command

プロジェクトオーナーのBuchla(ブックラ)は、1960年代にモジュラーシンセサイザー100シリーズを発表して以降、様々な製品を世に送り出している老舗のシンセサイザーメーカーだ。今回、同社のアナログモノシンセ「Music Easel」のコンセプトを継承しつつ、拡張性を高めたステレオ出力対応モデルとして、低価格で提供する。

photo 208c

Easel Commandは、標準でUSB BおよびDINによるMIDI入力に対応。MIDIコントローラーのほかにもSensel Morphタッチパッドなど様々な入力デバイスが簡単に接続できる。入出力や制御の独立性を得るため、オーディオ端子とバナナ端子をそれぞれを5つ追加している。オシレーターの周波数表示はより正確になり、細かな電圧調整が可能。Music Easel伝統のプログラムカード(プリセットレジスター)用コネクターを装備する。

photo

なお、208cは同社の200eシリーズ向けのEasel Command モジュールで、こちらはMIDIには非対応だ。

Easel Commandの価格は2999ドル(約32万2000円)で、出荷は2020年1月の予定。シリアルナンバーと証明書つきの限定版208cが2699ドル(約29万円)で、出荷は2019年12月の予定。どちらも、日本への送料は25ドル(約2700円)だ。

2019年11月1日までクラウドファンディングを実施中で、10月28日時点、2万5000ドル(約272万円)の目標額を上回る約6万7000ドル(約729万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る