新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントペンにもなる多機能な電動ハンドツール「3Dsimo」

多機能な電動ハンドツール「3Dsimo」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか3時間で目標額の調達に成功している。

photo

3Dsimoは、1台で3Dプリントペンからはんだ付け、ジグソー、ワイヤーカットなど何役もこなせるコンパクトなハンドツール。OLEDディスプレイ搭載で1台7役の「3Dsimo Multipro」と、オープンソースで仕様が公開されている1台4役の「3Dsimo Kit2」がある。

photo

3Dsimo Multiproは、フォームカッティング、バーニング、ジグソー、はんだ付け、3Dプリントペン、ドライバー、ドリルの作業ができる。3Dプリントは簡単に温度やスピードを設定でき、ABS、PLA、HiPS、Flexiなど市販されているフィラメントほぼすべてに対応する。

photo

バーニングはレザーバーニングやウッドバーニング、プラスチック部品の修正などが可能。はんだ付けは、こて先温度が20秒以内に490度に到達する。ワイヤーカットは、ワイヤーを過熱してポリスチレン、プラスチック板、アクリルシート、バルサウッド、コルクなどの切断が可能。アングルプラットフォームを使えば、好きな角度で正確かつきれいにカットできる。

photo

ウッドやファイバーグラス、カーボン、アルミニウムなど固い素材のカットにはジグソーを使う。ドリルは、径0.3~3.2mmの彫刻/穴あけ/研削/カット用の各種ビットに対応する。ドライバーは、最大4.5Nm@200RPMのトルクでネジ締めができる。

photo

3Dsimo Kit2は、フォームカッティング、バーニング、はんだ付け、3Dプリントペンの作業ができる組み立てキットモデルだ。ハードウェア/ソフトウェア共にGithubでオープンソースとして公開されているため、自分専用にカスタマイズすることも可能だ。

photo

3Dsimo Kit2は、今なら40%オフの59ドル(6398円)で、3Dsimo Multiproは、今なら41%オフの169ドル(1万8328円)で入手できる。どちらも各種アタッチメントの他、電源アダプター/ケーブルと15mのフィラメントが付属する。3Dsimo Kit2は2019年12月、3Dsimo Multiproは2020年4月出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

3Dsimoは、2019年11月下旬までクラウドファンディングを実施中。11月1日時点で、1万ドル(約109万円)の目標額を上回る約5万7000ドル(約614万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る