新しいものづくりがわかるメディア

RSS


表面に漢字やカタカナをあしらったサイバーパンク風カードケース「Fusion Wallet」

表面に漢字やカタカナをあしらったカードケース「Fusion Wallet」がKickstarterでバッカーを募っている。

Fusion Walletはイギリス製で、表面に刻印された文字はデザインとして扱われている。実際、イギリスのファッションブランド「Superdry 極度乾燥(しなさい)」をはじめ、ロンドンでは漢字をデザインの要素として取り入れることが流行している。

Fusion Wallet

Fusion Walletは、CNC精密加工したアルミ製で、サイバーパンク風デザインのカードケース。サイズは64×108×18mmで、重さは120gだ。同時に収納できる最大枚数はクレジットカード8枚と紙幣2枚。紙幣は折り畳んで収納する。カード1枚は紙幣2枚に相当し、カード6枚と紙幣6枚、あるいはカード4枚と紙幣10枚といった組み合わせで収納することもできる。

Fusion Wallet

Fusion Walletのデザインは、表面に「融合産業」と刻印された「K5」、「フユーシヨン」と刻印された「V5」、「シ フユーシヨン」と刻印された「M5」の3種類。これらの文字はGoogle翻訳の翻訳結果を使用したらしく、特に意味はないようだ。

Fusion Wallet K5
Fusion Wallet V5
Fusion Wallet M5

ケース側面の組み立て方も、互い違いに組み合わせてケース内部でピン止めするタイプとフレームをねじ止めするタイプの2種類ある。また、パネルの色は黄色、オレンジ、緑、ピンク、青、赤の6色から選ぶことができる。

Fusion Wallet
Fusion Wallet

Fusion Walletの早期割引価格は、56ポンド(約7800円)。出荷は2020年2月の予定で、日本への送料は15ポンド(約2100円)だ。

Fusion Walletは3000ポンド(約42万円)を目標に、2019年11月21日までクラウドファンディングを実施する。2019年11月5日時点で約990ポンド(約14万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る