新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nature3D、樹脂に木粉を52%添加した木質フィラメント「W418」を発売

Nature3Dは木質フィラメント「W418」を開発、2019年9月30日に発売した。

同製品は樹脂に木粉が52%添加された、新しいタイプの木質フィラメントだ。ベース樹脂に改質PP(ポリプロピレン)を採用したことでノズル詰まりを克服し、木粉高充填でも高流動を実現している。

木粉充填による収縮低減により造形時の反りが小さくなっているほか、低温でも流動するよう改質したため、木粉熱分解によるこげつき、ヤニ汚れ、アウトガスなどが発生しにくい。ホットエンド温度を下げ目にする必要があるが、その他はPLAに近い条件で一般的な3Dプリンターでの造形が可能だ。

積層痕が木彫り調になり、温かみのある手触りの造形品を作成できる。木の香りがあるため、香り付きの造形品として利用も可能だ。

W418着色品 左から黒、ナチュラル、赤

フィラメント径は1.75mm、対応ノズル径は0.4mm以上。プリント温度はホットエンドが140~180℃(低温側の方がより造形が安定する)、ヒートベッドが常温~50℃となる。 スプールリフィル用の65m(質量:180g)で、価格は1780円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る