新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nature3D、樹脂に木粉を52%添加した木質フィラメント「W418」を発売

Nature3Dは木質フィラメント「W418」を開発、2019年9月30日に発売した。

同製品は樹脂に木粉が52%添加された、新しいタイプの木質フィラメントだ。ベース樹脂に改質PP(ポリプロピレン)を採用したことでノズル詰まりを克服し、木粉高充填でも高流動を実現している。

木粉充填による収縮低減により造形時の反りが小さくなっているほか、低温でも流動するよう改質したため、木粉熱分解によるこげつき、ヤニ汚れ、アウトガスなどが発生しにくい。ホットエンド温度を下げ目にする必要があるが、その他はPLAに近い条件で一般的な3Dプリンターでの造形が可能だ。

積層痕が木彫り調になり、温かみのある手触りの造形品を作成できる。木の香りがあるため、香り付きの造形品として利用も可能だ。

W418着色品 左から黒、ナチュラル、赤

フィラメント径は1.75mm、対応ノズル径は0.4mm以上。プリント温度はホットエンドが140~180℃(低温側の方がより造形が安定する)、ヒートベッドが常温~50℃となる。 スプールリフィル用の65m(質量:180g)で、価格は1780円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る