新しいものづくりがわかるメディア

RSS


顔のプロポーションやシミの深度、赤みを測定できる——次世代カウンセリングを可能にするIoTミラー「HiMirror-Professional」

ビューティーテックアイテムを展開するB-by-Cと台湾・新金宝グループは共同で、顔のプロポーションの数値化やシミの深度のステージ化ができる機能を搭載したIoTミラー「HiMirror-Professional」BtoB版を、2019年11月に発売した。

photo

HiMirror-Professionalは、顔のプロポーションを数値化する独自の「4V」機能や、シミの深度をステージ化する機能、敏感肌部位や測定に有効な赤みの面積を測定する機能などに加え、ディープラーニングによる肌測定精度を高める機能を搭載している。

photo

B-by-Cが開発、運営しているフェイスレッスン&顔筋トレーニングスタジオの過去10年間約60万人の顔データを、台湾のODM・EMS大手の新金宝グループがデジタル化、ディープラーニング機能を付加することで、4V測定機能を実現した。なお、新金宝グループは3Dプリンター大手のXYZプリンティングの親会社だ。

photo

本体サイズは338×229×171mm、重量は1.9kg、ディスプレイサイズは10.1インチ(TFT液晶パネル)、ミラーサイズは13インチ。メモリ64GB、Bluetooth4.0、高解像度カメラ、メイクアップライト、タッチパネル、マイク、スピーカー機能などを備え、USB2.0をサポートする。(Wi-Fi接続が必要)メイクアップなどに使える拡大鏡機能付きで、メーカーや企業チェーンごとのUIカスタマイズが可能なBtoBモデルだ。

価格は3万9800円(税抜)、当面はサロン専売品で、一般向け商品の発売は2020年を予定しているとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る