新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「誰もが平等に挑戦ができる」教育機会を——フランス発エンジニア養成機関「42 Tokyo」設立

DMM.comは、フランスのエンジニア養成機関「42(L'association 42)」の東京校として、一般社団法人「42 Tokyo」を設立した。

42は、2013年フランスの実業家によって設立され、現在同国の他12カ国で展開するエンジニア養成機関だ。「誰もが平等に挑戦ができる」教育機会の提供を目指し、16歳以上なら原則誰でも応募可能。学費は無料だ。

授業方法は教師からの一方的な講義ではなく、学生同士が学び合う「ピアラーニング」方式を採用。実際に社会で仕事を進めていく上で必要となる能力を磨くことができるという。カリキュラムは、IT先端企業がさまざまな新しい課題を世界各地から追加していく仕組みを採っており、常に最新の教材が揃う。また卒業の概念がなく、就職先や時期に制限はない。キャンパスは24時間365日開放され、好きな時間に学習できるのも特徴だ。

photo

日本初となる42 Tokyoは、2020年4月に東京都港区六本木に開校予定。入学希望者はまずオンラインテストを受験し合格すればキャンパスで4週間行われる入学試験「Piscine」(ピシン)に参加できる。Piscineは受験者同士が協力しながら課題をクリアしていく形式で、基礎的な内容から始まるため、初心者でも参加できる。

応募は同校サイトからすでに受け付け開始しており、入学試験Piscineの実施は、2020年1月6日~31日、同年2月3日~28日、同年3月2日~27日の3回を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る