新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「誰もが平等に挑戦ができる」教育機会を——フランス発エンジニア養成機関「42 Tokyo」設立

DMM.comは、フランスのエンジニア養成機関「42(L'association 42)」の東京校として、一般社団法人「42 Tokyo」を設立した。

42は、2013年フランスの実業家によって設立され、現在同国の他12カ国で展開するエンジニア養成機関だ。「誰もが平等に挑戦ができる」教育機会の提供を目指し、16歳以上なら原則誰でも応募可能。学費は無料だ。

授業方法は教師からの一方的な講義ではなく、学生同士が学び合う「ピアラーニング」方式を採用。実際に社会で仕事を進めていく上で必要となる能力を磨くことができるという。カリキュラムは、IT先端企業がさまざまな新しい課題を世界各地から追加していく仕組みを採っており、常に最新の教材が揃う。また卒業の概念がなく、就職先や時期に制限はない。キャンパスは24時間365日開放され、好きな時間に学習できるのも特徴だ。

photo

日本初となる42 Tokyoは、2020年4月に東京都港区六本木に開校予定。入学希望者はまずオンラインテストを受験し合格すればキャンパスで4週間行われる入学試験「Piscine」(ピシン)に参加できる。Piscineは受験者同士が協力しながら課題をクリアしていく形式で、基礎的な内容から始まるため、初心者でも参加できる。

応募は同校サイトからすでに受け付け開始しており、入学試験Piscineの実施は、2020年1月6日~31日、同年2月3日~28日、同年3月2日~27日の3回を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る