新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光/赤外線など、計6種類のセンサーを搭載——プログラミング教材「Sphero RVR」

SB C&Sは、プログラミング教材「Sphero RVR」を2019年11月22日に発売する。

Sphero RVRは、さまざまなセンサーの搭載により、子供自身の発想で動作をカスタマイズできるプログラミングロボットだ。

外形寸法は約215.78×185.16×113.1mm、質量は約1115.5g。6種類のセンサー(光センサー/赤外線センサー/ジャイロスコープ/カラーセンサー/磁力計/加速度計)を本体に搭載している。前後左右に装備された計4個の赤外線センサーにより、Sphero以外の赤外線センサーを備えるさまざまなロボットとの通信も可能だ。

操作やプログラミングには、PC/iOS/Androidアプリ(Sphero Edu)を使用する。例えば、ルクス単位の光度を検知する光センサーでRVRのライトを点灯/制御できるほか、赤外線センサー連携では「Sphero BOLT」(別売)に信号を送り、ロボットを追跡させるといった動作をプログラミングできる。

パワフルなモーターや全地形トレッドタイヤを搭載しているため、障害物を乗り越えることもでき、屋外でも使用可能だ。

カスタマイズ用の拡張ポートも用意されており、Raspberry PiやArduino、micro:bitなど、多くのサードパーティ製ハードウェアに対応するほか、プログラミング言語もPythonやJavaScriptなど幅広くサポートする。

同製品は、2019年2月にKickstarterでクラウドファンディングを開始。100万ドル(約1億800万円)の資金を調達し、注目を集めていた。

SoftBank SELECTION オンラインショップや全国の家電量販店(一部店舗を除く)、Yahoo!ショッピング、Amazonで販売する。SoftBank SELECTION オンラインショップでの販売価格は3万118円(税込)だ。

発売に先立ち、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazonでは、2019年11月15日から予約の受け付けを開始している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る