新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハイスピードカメラにコンピュータービジョンを搭載——フォトロン、ハイスピード監視システム「PhotoCam Detector」を発売

フォトロンは、ハイスピード監視システム「PhotoCam Detector」を発売した。

同システムは、ハイスピードカメラに新たな要素となるコンピュータービジョンと、電流/電圧/音などのセンサーデータを収集するデータレコーダーを掛け合わせることで、いつ起こるか分からないイベントを検知し、発生の瞬間前後をスーパースローで撮影できる。

ハイスピードカメラは最高2000コマ/秒の高速撮影に対応。カメラデバイスは標準カメラ(PDCAM)、高解像度カメラ(PDCAM-HR)、高速/高解像度カメラ(HSCAM)から選定可能で、設備に適したシステムを構築できる。

映像トリガーは高速画像処理アルゴリズムでいつもと違う動きを検知し、自動でイベント発生した瞬間前後をスーパースローで記録する。

ラインプロファイルやエリア輝度、モーションサーチなど、複数の検知アルゴリズム、検知エリアの自由描画で動画からイベント発生の瞬間を瞬時に検知できる。

映像からのイベント検出の原理

データレコーダーは、電圧や電流、音や力などを計測するためのセンサーの値を閾値としてイベント発生を検出し、発生の瞬間を撮影可能だ。オプションの再生ソフトを使えば、映像と波形を同期して再生できる。

外部信号の入出力機構も搭載しており、各種設備やPLCなどの制御機器が異常を検知した瞬間を起点として、発生の瞬間を撮影可能だ。

データレコーダーからのイベント検知

車載ドライブレコーダーのように、イベント発生の瞬間前後をスーパースローで撮影できるほか、ネットワーク、外部機器連動で簡易的な検知システムを構築できる。

内視鏡やマイクロスコープと組み合わせ、目視観察ができないような環境を可視化できるほか、撮影した映像から物体の変位量や速度、加速度を計測できるソフトを組み合わせたトータル映像計測システムの構築にも対応する。

同社Webサイトからは製品カタログに加え、体験版のダウンロードも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る