新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソーテック社、Raspberry PiでAI活用ができる「Raspberry Pi+AI 電子工作 超入門」発刊

ソーテック社は、Raspberry Piを活用してAIスピーカーなどの作製ができる「Raspberry Pi+AI 電子工作 超入門」を発売した。

本書は、Raspberry PiとGoogle Assistant APIを使い、AIスピーカーや音声操作ロボット、自動議事録機や画像認識するAIカメラなどの作製方法について解説する、AIと電子工作の入門書だ。

Raspberry Piの設定方法や遠隔操作の準備、Linuxコマンドの操作方法、およびプログラミングの基本などから解説しているため、初学者でも取り組みやすい内容になっている。また、電子工作の初心者向けに、LEDやマイク、スピーカーなどを使って少しずつステップアップしながら学べるような工夫が施されている。

著者は吉田顕一氏で、B5変形判320ページ(オールカラー)。価格は2780円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る