新しいものづくりがわかるメディア

RSS


32種類のオーディオ効果——ユーロラック対応エフェクトモジュール「E520 Hyperion」

ユーロラック対応エフェクトモジュール「E520 Hyperion」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

E520 Hyperionは、最大32種類のエフェクトを搭載したステレオエフェクトプロセッサー。動作周波数480MHzのArm Cortex-M7、64MB SDRAMを搭載し、オーディオコーデックにCS4270、オペアンプにはOPA1688を使用している。サンプリングは24bit/48kHzだ。

photo

大きく分けて、タイムドメイン効果、スペクトル効果、ユーティリティ/計測の3種類のエフェクトモードがある。タイムドメイン効果では、ディレイ、ルーパーやピッチシフターを利用して、広い空間で聞いているようなリバーブ効果などを表現できる。スペクトル効果では、高速フーリエ変換(FFT)ベースに独自開発したスペクトルクラッシャーアルゴリズムやスペクトル遅延アルゴリズムなどを利用できる。また、ユーティリティとして、オシロスコープ、リサージュ、スペクトルアナライザー、VUメーター、およびVCOチューナー機能も搭載する。

photo

入力はモノラル/ステレオ対応で、L/RのCV制御は独立している。CV入力の範囲は-5~+5V。出力はステレオで、予備のAUX端子も備える。アルゴリズムの選択は、LCD画面とメニューボタンから行うなど、ユーザーインターフェースはシンプルにまとめている。

大きさは243.5×128.5×34.5mm。フロントパネルはブラックまたはシルバーから選べる。

photo

早割価格は539ドル(約5万9000円)。出荷は2020年5月の予定で、日本への送料は45ドル(約4800円)だ。

E520 Hyperionは、2019年12月16日までクラウドファンディングを実施中。11月28日時点で、4万ドル(約434万円)の目標額を上回る約6万8000ドル(約740万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る