新しいものづくりがわかるメディア

RSS


どこでも仕事に集中できる個室空間を——持ち運び可能なパーティション「SEREN desk」

周囲が気にならないよう仕切り板と吸音材を配置して、どこでも集中できる自分用の空間を作り出すことができる「SEREN desk」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

SEREN deskは、顔の両サイドに吸音効果のある仕切り板を備え、前面の目線も遮ることで、オープンスペースなどでも集中して作業できる環境を作りだすことができる、携帯型のパーティションだ。

photo

サイドの吸音材は人の声を効率良く吸収し、声の周波数近辺では100%またはそれに近い吸音率を実現している。しかし空間を塞がないために適度に周りの環境音は感じながら作業可能だ。周りの音を吸収するだけではなく、自分の声の拡散も抑制するために、オープンスペースでの電話やWeb会議の際の気遣いも少なくて済むという。

photo

収納状態ではサイズ(426×543×68mm)で、重量も3.7kgと、持ち運びを考慮した軽量コンパクト設計だ。設置は30秒程度で完了する。設置時の脚部には、さまざまなタイプのPCを置いても邪魔にならないフラットバーを採用している。

photo

コワーキングスペースやカフェ、自宅などで集中して作業したい場合の利用を想定している。

photo

支援およびリターンは、「早期割引【5名様限定】20%OFF SEREN desk」(黒色または白色)が3万3600円(税込)などとなっている。

プロジェクト目標額29万4000円のところ2019年11月28日現在65万円以上の支援が集まっており、すでにプロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る