新しいものづくりがわかるメディア

RSS


どこでも仕事に集中できる個室空間を——持ち運び可能なパーティション「SEREN desk」

周囲が気にならないよう仕切り板と吸音材を配置して、どこでも集中できる自分用の空間を作り出すことができる「SEREN desk」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

SEREN deskは、顔の両サイドに吸音効果のある仕切り板を備え、前面の目線も遮ることで、オープンスペースなどでも集中して作業できる環境を作りだすことができる、携帯型のパーティションだ。

photo

サイドの吸音材は人の声を効率良く吸収し、声の周波数近辺では100%またはそれに近い吸音率を実現している。しかし空間を塞がないために適度に周りの環境音は感じながら作業可能だ。周りの音を吸収するだけではなく、自分の声の拡散も抑制するために、オープンスペースでの電話やWeb会議の際の気遣いも少なくて済むという。

photo

収納状態ではサイズ(426×543×68mm)で、重量も3.7kgと、持ち運びを考慮した軽量コンパクト設計だ。設置は30秒程度で完了する。設置時の脚部には、さまざまなタイプのPCを置いても邪魔にならないフラットバーを採用している。

photo

コワーキングスペースやカフェ、自宅などで集中して作業したい場合の利用を想定している。

photo

支援およびリターンは、「早期割引【5名様限定】20%OFF SEREN desk」(黒色または白色)が3万3600円(税込)などとなっている。

プロジェクト目標額29万4000円のところ2019年11月28日現在65万円以上の支援が集まっており、すでにプロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る