新しいものづくりがわかるメディア

RSS


いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」

コンパクトで使い方も簡単なレーザー刻印機「LaserPecker Pro」がKickstarterに登場し、わずか14分で目標額を達成するほどの人気を集めている。

photo

LaserPecker Proは、軽量コンパクトなうえ、モバイルバッテリーでも動作するので、いつでもどこでも好きな素材に絵や文字を描画できるレーザー刻印機だ。

加工できる素材は、ボール紙、布、木材、革、フェルト、プラスチックなど。曲面にも対応しているので、果物の皮にでも彫刻できる。

photo
photo
photo
photo

使い方も簡単で、レーザーヘッドをセットしたら、スマートフォンとBluetooth接続して、スマホアプリから刻印したいデザインや素材を設定するだけ。アプリにはカメラ機能やレタッチ機能もあるので、デザインのカスタマイズも簡単だ。ファイル形式はG-Code、bmp、jpgに対応する。

photo

タイプは通常版とDeluxe版の2種類を用意。AFサポートスタンド付きのDeluxe版にアップグレードすると、オートフォーカス(AF)を使った自動高さ調節ができるようになる。プレビューモードを使えば、刻印範囲を素材に投影するので、実際に彫刻する前に、位置やサイズ、回転の調整が可能だ。

レーザー波長は405nm、出力500mWで、寿命は1万時間以上。電源は、USB Type-Cポート経由でモバイルバッテリーやPCから給電する。

photo

保護眼鏡と保護シールドが付属するほか、過熱防止機能や衝撃検知機能を搭載したり、毎回のパスワード認証により登録者以外は使えないようにするなど、安全性にも配慮している。

レーザーヘッドの大きさは65×61×53mm、重さは190g。ワークエリアは100×100mm。サポートスタンドの大きさは、195×153×25mm(折りたたみ時)、195×153×198~293mm(使用時)で、重さは860gだ。

photo

特別早割価格はLaserPecker Proが289ドル(約3万2000円)、LaserPecker Pro Deluxeが369ドル(約4万円)。出荷は2020年1月の予定で、日本への送料は無料だ。

LaserPecker Proは、2019年12月13日までクラウドファンディングを実施中。11月29日時点で、1万ドル(約109万円)の目標額を大幅に上回る約49万ドル(約5400万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  5. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  6. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  7. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  8. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  9. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始
  10. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る