新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TRUST SMITH、人工知能を使った「障害物回避型アームのアルゴリズム」を開発

TRUST SMITHは、人工知能を使った「障害物回避型アームのアルゴリズム」を開発したと発表した。

photo

TRUST SMITH は、東京大学の学生らにより設立されたAIベンチャーで、 今回同大学の研究開発チームと共に、障害物回避型アームのアルゴリズムを開発した。 この技術をロボットに実装すると、 これまで手作業で行っていた工場などでのピックアップ作業を自動で行えるようになり、 製造業全体での大幅な省力化とコストカットが期待できるとしている。

photo

障害物回避型アームのアルゴリズムは、リーマン計量と呼ばれる微分幾何学の理論に基づくもので、 空間内に存在する障害物を回避し、 目的物へアプローチできるよう設計されている。 アームから見た空間内の物体との距離、 相対速度、相対加速度に応じて適切に場を計量することができるため、 障害物が動いていても安全に回避しながら、 目的物へ到達することができるという。

障害物回避型アームの活躍の範囲は多岐にわたり、部品の分別や溶接、食品の調理工程作業全般、野菜や果物の最適な収穫時期の判定と収穫作業、原油配管の超音波非破壊検査作業、食品スーパーにおける商品陳列作業、空港内手荷物のバックヤード作業など、従来人々が手作業で行ってきたあらゆる作業をサポートすることが期待される。さらに、障害物回避型アームのアルゴリズムを拡張することで、 ドローンの自動運転技術にも適用出来るという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る