新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TRUST SMITH、人工知能を使った「障害物回避型アームのアルゴリズム」を開発

TRUST SMITHは、人工知能を使った「障害物回避型アームのアルゴリズム」を開発したと発表した。

photo

TRUST SMITH は、東京大学の学生らにより設立されたAIベンチャーで、 今回同大学の研究開発チームと共に、障害物回避型アームのアルゴリズムを開発した。 この技術をロボットに実装すると、 これまで手作業で行っていた工場などでのピックアップ作業を自動で行えるようになり、 製造業全体での大幅な省力化とコストカットが期待できるとしている。

photo

障害物回避型アームのアルゴリズムは、リーマン計量と呼ばれる微分幾何学の理論に基づくもので、 空間内に存在する障害物を回避し、 目的物へアプローチできるよう設計されている。 アームから見た空間内の物体との距離、 相対速度、相対加速度に応じて適切に場を計量することができるため、 障害物が動いていても安全に回避しながら、 目的物へ到達することができるという。

障害物回避型アームの活躍の範囲は多岐にわたり、部品の分別や溶接、食品の調理工程作業全般、野菜や果物の最適な収穫時期の判定と収穫作業、原油配管の超音波非破壊検査作業、食品スーパーにおける商品陳列作業、空港内手荷物のバックヤード作業など、従来人々が手作業で行ってきたあらゆる作業をサポートすることが期待される。さらに、障害物回避型アームのアルゴリズムを拡張することで、 ドローンの自動運転技術にも適用出来るという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る