新しいものづくりがわかるメディア

RSS


伸縮自在で丸めてポケットに入れられる、皮膚のようなソフトロボットを開発

英ブリストル大学の研究チームは、丸めてポケットに入れられる伸縮自在の皮膚のようなロボットを開発した。「ElectroSkin」と名付けられた人工表皮で作られたこのロボットは、生物の表皮や、カタツムリやナメクジのような軟体生物からヒントを得て、ソフトな材料に人工筋肉と電気的付着力を埋め込む形で作られている。ElectroSkinの詳細は、『Soft Robotics』ジャーナルに2019年11月15日付で掲載されている。

ElectroSkinは、埋め込まれた人工筋肉を収縮させ、電荷を使って表面をつかむという動作を交互に行い、はうように表面を動く。将来的には、壁や天井をはい回って掃除をしたり、倒壊した建物など人が到達するには困難な環境で探索したりといったことなどへの応用が考えられるという。

この新技術により、環境モニタリングや危険な環境に配備できる薄型で軽量な新型ロボットや、デリケートなものをつかむロボットグリッパー、そして、新しいウェアラブル技術を生み出すことができるかもしれない。

研究チームを率いたブリストル大学工学部のJonathan Rossiter教授は「ElectroSkinは、持ち運びや配置が簡単で、身に着けることすら可能になるようなソフトロボットへの重要なステップだ。電気的人工筋肉と電気的把持を組み合わせて、ナメクジやカタツムリのような生物の動きを再現した。そういう生物が行ける場所なら我々のロボットも行けるだろう」とコメントしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る