新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1×1mmのイメージセンサーNanEyeC向け評価キット「NanoVision」「NanoBerry」

amsジャパンは2019年12月19日、小型イメージセンサー「NanEyeC」向けの評価キット「NanoVision」と「NanoBerry」を発表した。

「NanEye」は、約1×1mmサイズの表面実装モジュールとして提供されるイメージセンサーシリーズ。医療機器や自動車などの分野で利用されている。NanEyeCは同シリーズの民生機器向け製品で、最大58フレーム/秒、解像度は320×320となる。

今回発表された評価キットのうち、NanoVisionはArduino開発プラットフォームがベースになっている。存在検知など、低フレームのアプリケーション開発を短縮できるように企画された製品だ。

センサーのシングルエンドインターフェースモード(SEIM)出力をArm Cortex-M7マイクロコントローラーへ接続するためのドライバーを搭載。色再現やホワイトポイントバランスなどの画像処理機能にも対応する。

もう一方のNanoBerryは、視点追跡やステレオビジョンシステムなど、より高度な操作を評価するためのキットだ。

Raspberry PiポートにNanEyeCイメージセンサーのアドオンボードを使用し、Raspberry Piホストプロセッサーに接続するためのファームウェアを搭載している。Arm Cortex-A53プロセッサーを使うことで、OpenCVライブラリを通じて提供される物体検出や物体追跡、コンピュータービジョン機能などを評価できる。

NanoVisionは既に提供を開始しており、NanoBerryキットは2020年1~3月期に販売開始の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る