新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT用各種センサーやプログラム例を実装——オープンソースの開発ボード「Open Sens IOT board」

IoTアプリケーション開発ボード「Open Sens IOT board」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Open Sens IOT boardは、32ビットARM Cortexプロセッサーやローカルテレメトリー取得のIoT対応低消費電力センサーを搭載したオープンソースの開発ボードキット。低コストの小型組み込み用IoTアプリケーションの作成に利用できる。データシートやインストラクションなどは、開発元のサイトに公開している。

キットには豊富なC言語のプログラム例や低レベルドライバー込みで、またソフトウェアパッケージは元々「Atollic True Studio IDE for STM32」向けにデザインされたさまざまなプロジェクトも含まれる。

メインボードの心臓部はマイクロコントローラー「STM32F4」で、最大180MHz駆動の「Arm Cortex-M4 32ビットRISCコア」を搭載する。単精度のFPU内蔵でArmのすべての単精度命令に対応し、DSP命令のフルセットとMPUを実装する。MCUは、PWM機能付き16ビットタイマー×17、12ビットADC×3、12ビットDAC×2、16チャンネルのDMA、通信インターフェース×21(SPI/I2C/USARTなど)を備える。

photo

メインボードにはジャイロスコープ、加速度計、磁気センサー、EEPROM、NAND型フラッシュメモリ、GPS/GSMモジュールを搭載。20ピンコネクターで接続するドーターボードには、圧力センサー、パルスオキシメーターフロントエンド、ECGフロントエンド、24ビットのADCを搭載する。

Open Sens IOT boardは、今なら数量限定の早割価格75ユーロ(約9000円)で入手できる。2020年2月の出荷を予定しており、日本への送料は15ユーロ(約1810円)だ。2020年2月1日まで、1万5250ユーロ(約184万円)の調達を目標にクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  5. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  6. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  7. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  8. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る