新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Idein、エッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」正式版リリース

Ideinが、エッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」の正式版をリリースした。

Actcastは、エッジデバイス上でAIによる画像解析などを実行し、Webと連携することでIoTシステムの構築と運用ができるプラットフォームだ。エッジ側で映像解析などを実施することで通信データ量を抑制し、運用コストを削減することができる。また、不要なデータを送信しないために、プライバシーにも配慮されている。

今回リリースした正式版では、エッジデバイス用のアプリケーションを売買できるマーケットプレイスを開設。アプリケーションは日単位で課金され、デモ用の無料アプリケーションをはじめ1日数十円のものなど、気軽に試すことができる。「Actcast partner program」に参加する企業は、同マーケットプレイス上でユーザー向けにアプリケーションを販売できる。

また今回同時に、パートナープログラムへの参加企業も募集している。同プログラムの参加企業は2020年1月現在36社。参加企業へはSDKが順次提供され、Actcastマーケットプレイス向けのアプリケーションが開発できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る