新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NVIDIA、3Dモデル生成AI「DIB-R 」を開発——2D画像から0.1秒で3Dレンダリングが可能

写真を撮るだけで、奥行きや質感を立体で再現できるかもしれない。NVIDIAの研究チームは、2D画像から3Dモデルを生成するAIを開発した。ティラノサウルスなどすでに絶滅した動物も、画像があれば1秒たらずでリアルな3Dモデルにすることができる。研究結果は、カナダのバンクーバーで開催された「神経情報処理システム(NeurIPS)」の年会で発表された。

研究チームが開発したAIは、「微分可能な内挿ベースのレンダラー(differentiable interpolation-based renderer)」、略して「DIB-R」と呼ばれるものだ。DIB-Rは、エンコーダデコーダアーキテクチャを利用して、2D画像から物体の形や色、質感やライティングといった3Dプロパティを予測し、忠実度の高いレンダリングを作成する。

例えば、あらかじめ鳥のデータセットで学習しておけば、1枚の鳥の2D画像からでも実際の鳥の質感と形状を再現した3Dモデルが得られる。動作も速く、100ミリ秒以内で2Dから3Dへ変換できるという。

DIB-Rは3Dモデルの生成だけでなく、ロボット工学においても有効だ。自律型ロボットにとっては、周辺のものを検知し認識することが重要だが、DIB-Rを利用することで、奥行き方向の認知機能を改善できるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る