新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NVIDIA、3Dモデル生成AI「DIB-R 」を開発——2D画像から0.1秒で3Dレンダリングが可能

写真を撮るだけで、奥行きや質感を立体で再現できるかもしれない。NVIDIAの研究チームは、2D画像から3Dモデルを生成するAIを開発した。ティラノサウルスなどすでに絶滅した動物も、画像があれば1秒たらずでリアルな3Dモデルにすることができる。研究結果は、カナダのバンクーバーで開催された「神経情報処理システム(NeurIPS)」の年会で発表された。

研究チームが開発したAIは、「微分可能な内挿ベースのレンダラー(differentiable interpolation-based renderer)」、略して「DIB-R」と呼ばれるものだ。DIB-Rは、エンコーダデコーダアーキテクチャを利用して、2D画像から物体の形や色、質感やライティングといった3Dプロパティを予測し、忠実度の高いレンダリングを作成する。

例えば、あらかじめ鳥のデータセットで学習しておけば、1枚の鳥の2D画像からでも実際の鳥の質感と形状を再現した3Dモデルが得られる。動作も速く、100ミリ秒以内で2Dから3Dへ変換できるという。

DIB-Rは3Dモデルの生成だけでなく、ロボット工学においても有効だ。自律型ロボットにとっては、周辺のものを検知し認識することが重要だが、DIB-Rを利用することで、奥行き方向の認知機能を改善できるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る