新しいものづくりがわかるメディア

RSS


考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定

ラスベガスで開催されたエレクトロニクス国際見本市「CES 2020」に、考えるだけで自在にコントロールできる義手が出展され、話題になっている。

ブレインマシンインターフェースを活用した製品を手掛けるスタートアップBrainCoが開発したこの義手は、使用者の脳波と腕の筋肉信号をとらえ、AI技術を使って操作する仕組みだ。ニューロフィードバックを採用しており、使用者と義手の双方が互いを学習し、より自然に使うことができるとしている。

ニューロフィードバックは、望ましい脳波が現れると音や光などでフィードバックを与え、脳が自律的に学習するバイオフィードバック技術だ。もともとは神経障害の治療のために研究されていたが、近年は、スポーツや音楽のパフォーマンス能力向上、宇宙飛行士の訓練などにも応用されている。

BrainCoが開発した義手は、手首部分に搭載した8個のマルチチャネル筋電センサーで腕から出る筋肉信号を処理するので、つかむ、指を動かすなどの手の動作をより正確に行える。前年のCES 2019ではプロトタイプを出展していたが、今回、出展された製品では、握手だけでなく漢字を書くような細かい動作もデモンストレーションしてみせた。

BrainCoは、現在、アメリカ食品医薬品局(FDA)による承認を待っており、2020年末までに販売を開始する計画だ。販売予定価格は1万~1万5000ドル(約110~165万円)と伝えられている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  3. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  4. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  5. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  6. 高さ1800mmサイズで大型造形可能——ミマキエンジニアリング、GDP方式の大型3Dプリンター「3DGD-1800」発売
  7. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  8. レーザー加工機の使用により1つ2分で作成可能——東京メイカー、新型コロナウイルス対策用のフェイスガードを作成
  9. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  10. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る