新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場

レーザー加工機「beamo」がKibidangoで出資を募っている。

beamoは出力30Wの水冷式CO2レーザーを搭載し、小型ながら1000dpi相当の解像度で刻印できるのが特徴だ。本体寸法は615×445×177mm、重量は22kgで、加工エリアは300×210mmとなる。

付属ソフトウェア(Beam Studio)では、簡単な加工データやテキストの作成/レイアウト、画像データの読み込みが可能だ。また、ベクターファイルの読み込み、ビットマップイメージの変更、オブジェクトの整列/反転/配置とレイアウト、ペンツールなどのツールも用意している。

OSはWindows/macOS/Linux/Chrome OSに対応。JPGやPNG形式に加え、SVG、DXFなどのベクターデータにも対応しており、Illustratorで作成したデータも付属のソフトウェアで加工できる。

その他、モバイルアプリのBeamCamを使用したデータ作成も可能だ。スマートフォンで撮影した写真をアップロードし、beamoでデザインを調整できる。

レザーや石材、ラバー、木材やガラスなど12種類の素材に対応しており、スマートフォンケースやグラス、バッグなどへの加工も可能だ。

オプションとして、ガラスコップや円筒状のボトルなどにも彫刻が可能な回転ユニットや、素材の厚さに応じてフォーカスを調整するオートフォーカス、フィルター(集塵脱臭機)も用意している。

予定小売価格は19万9430円。Kibidangoでは、早割価格として15%オフとなる16万9000円で購入できるプランなどを用意している(価格は税込、送料込)。

beamoは2020年3月19日までクラウドファンディング中だ。目標金額570万円に対し、2020年1月27日の時点で430万円以上を集めている。発送は2020年6月中旬の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  3. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  4. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  5. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  6. 高さ1800mmサイズで大型造形可能——ミマキエンジニアリング、GDP方式の大型3Dプリンター「3DGD-1800」発売
  7. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  8. レーザー加工機の使用により1つ2分で作成可能——東京メイカー、新型コロナウイルス対策用のフェイスガードを作成
  9. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  10. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る