新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもたちにコーディングの体験を——組み込みコンピューターキット「Sania Box」

組み込みコンピューターキット「Sania Box」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Sania Boxは、Raspberry Piやアドオンボードなどが一式揃った子ども向けコーディング学習キット。教育の大切さを訴えるため、執筆や講演活動をしている13歳のSania Jainさんのチームによるプロジェクト。対象年齢は8歳以上だ。

photo

キットの内容は、Raspberry Pi 4、アドオンボード、有線キーボード/マウス、電源ケーブル(USB Type-C)、HDMIケーブル、16GBのSDカード、LED、抵抗器、ブレッドボード。Raspberry Pi の40ピンヘッダーモデルならばアドオンでき、またWi-Fi/Bluetooth通信にも対応する。モニターは、HDMIケーブルで接続したTVを使える。安全かつ簡単にセッティングでき、SDカードにプリロードされたプログラムを使ってすぐに動作できる。

photo

アドオンボードには、LED(レッド/グリーン)、プッシュボタン、温度/タッチ/光/ガス(CO2、メタンなど)センサー、3桁表示の7セグメントディスプレイ、リレー回路を搭載。楽しく簡単に学べるインタラクティブなコーディング言語Pythonを使い、搭載されたセンサーや電子部品を制御できる。

photo

キットは大人の手を借りることなく、子どもが自らコーディング体験を通じSTEMスキルを上達できるようデザインされているという。Sania JainさんのHP(www.saniabox.com)のコミュニティにて、さまざまなプロジェクトのプログラムを定期的にアップする予定だ。

photo

Sania Boxの予定小売価格は169ドル(約1万8600円)で、今なら数量限定の早割価格129ドル(約1万4200円)で入手できる。2020年4月の出荷を予定しており、日本への送料は17ドル(約1870円)だ。

Sania Boxは、2020年3月3日までクラウドファンディングを実施中。2月5日時点で、5000ドル(約55万円)の目標額に対して約6000ドル(約65万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  8. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  9. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  10. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る