新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもたちにコーディングの体験を——組み込みコンピューターキット「Sania Box」

組み込みコンピューターキット「Sania Box」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Sania Boxは、Raspberry Piやアドオンボードなどが一式揃った子ども向けコーディング学習キット。教育の大切さを訴えるため、執筆や講演活動をしている13歳のSania Jainさんのチームによるプロジェクト。対象年齢は8歳以上だ。

photo

キットの内容は、Raspberry Pi 4、アドオンボード、有線キーボード/マウス、電源ケーブル(USB Type-C)、HDMIケーブル、16GBのSDカード、LED、抵抗器、ブレッドボード。Raspberry Pi の40ピンヘッダーモデルならばアドオンでき、またWi-Fi/Bluetooth通信にも対応する。モニターは、HDMIケーブルで接続したTVを使える。安全かつ簡単にセッティングでき、SDカードにプリロードされたプログラムを使ってすぐに動作できる。

photo

アドオンボードには、LED(レッド/グリーン)、プッシュボタン、温度/タッチ/光/ガス(CO2、メタンなど)センサー、3桁表示の7セグメントディスプレイ、リレー回路を搭載。楽しく簡単に学べるインタラクティブなコーディング言語Pythonを使い、搭載されたセンサーや電子部品を制御できる。

photo

キットは大人の手を借りることなく、子どもが自らコーディング体験を通じSTEMスキルを上達できるようデザインされているという。Sania JainさんのHP(www.saniabox.com)のコミュニティにて、さまざまなプロジェクトのプログラムを定期的にアップする予定だ。

photo

Sania Boxの予定小売価格は169ドル(約1万8600円)で、今なら数量限定の早割価格129ドル(約1万4200円)で入手できる。2020年4月の出荷を予定しており、日本への送料は17ドル(約1870円)だ。

Sania Boxは、2020年3月3日までクラウドファンディングを実施中。2月5日時点で、5000ドル(約55万円)の目標額に対して約6000ドル(約65万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る