新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バッテリー性能を引き出す——セルバランサー機能搭載バッテリーモニター「BatMon」

バッテリーモニター「BatMon」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

BatMonは、マルチセルのLiイオン電池やLiPo電池を、過放電や過充電にしないで性能を引き出すためのバッテリーモニター。セルの電圧と電流瞬間値から、バッテリーの正確な残量を算出する。表示用のOLEDは直射日光下でも見えやすい。電圧、累積電流のほか、バッテリー温度も表示する。

photo

SMBusプロトコルに対応。ArduPilotやPX4といったドローン用オートパイロットシステムと連携し、個々のセルの状態をオートパイロットにリアルタイムに送信できる。ドローンに搭載されることを想定して、基板には湿度に強いコンフォーマルコーティングを施している。

photo

モニター機能に加え、セル間電圧のオートバランス機能も搭載しているので、バッテリーの劣化を抑え、寿命を延ばすことができる。3Dプリント製の専用ケースは、データをオープンソースで提供しており、カスタマイズも可能だ。

photo

2~6個のセルモニター用の「BatMon 2-6」と6~10個用の「BatMon 6-10」の2タイプを用意している。重量は12gで、大きさはBatMon 2-6が38×38mm、BatMon 6-10が43×43mmだ。

photo

今ならBatMon 2-6が早割価格の40ドル(約4400円)で手に入る。BatMon 6-10は150ドル(約1万6400円)だ。日本への送料は19ドル(約2100円)だ。

BatMonは、2020年2月21日までクラウドファンディングを実施中。2月12日時点で、目標額7800ドル(約85万円)のうち、約4000ドル(約44万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る