新しいものづくりがわかるメディア

RSS


入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、AIによる顔認識および非接触型温度計を利用して体温を自動測定する「体温検知キット」を発売する。新型コロナウイルス対策として、企業や公共機関などの出入り口での体温検知による入館チェックなどをイメージしたキットだ。

photo

同キットは、事前に顔をデータベースとして登録した上で、カメラとサーモセンサーの前に立つと自動的に顔認識による個人特定と体温測定を行うものだ。制御部にRaspberry Pi 4 model Bを使用し、結果はAWS経由で自動的にデータベース(DynamoDB)上に登録され、CSV形式で取り出して活用できる。また、体温異常時にはメールで通知することも可能だ。プログラムはPythonで作成されており、ユーザー側でカスタマイズし、AWSを使わずにローカルにデータを保存させることもできる。

photo

キットにはRaspberry Pi 4 model Bの他、サーモセンサー(amg8833)、ケース(白、黒、透明から選択)、microSD 32GB、マニュアルおよびプログラムが含まれる。USB電源ケーブルおよびHDMIケーブルはオプションとなる。Webカメラやバッテリーなどもオプションで用意されている。

photo

14日間無償サポートが付属し、希望者にはソフトウェアの無償提供も行う。価格は4万3000円(税別)だ。ただしサーモセンサーの精度などから、本格的な用途にはある程度の部品変更が必要になるだろう。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る