新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4脚歩行からロボットアームまで——多彩なセットアップができるモジュラーロボットキット「Clicbot」

モジュラーロボットキット「Clicbot」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか1時間で目標額の調達に成功している。

photo

Clicbotは、様々な機能モジュールを組み合わせて多様なロボットにセットアップすることができるロボットキット。50以上のユースケースと200以上のリアクションが用意されており、コーディング不要で遊ぶこともできる。簡単なブロックプログラミングにも対応しており、ロボットプログラミング学習にも最適だ。

photo

制御モジュールの「ブレイン」に、「ジョイント」、「スケルトン」、「ホイール」、「距離センサー」、「足圧センサー」、「サクションカップ」、「グリッパー」、「スマートフォンホルダー」、「マウント」の各種モジュールをつなげて多彩な形状のロボットを構築できる。尺取り虫のように壁面を登ぼる、ヘビのように地面を這う、犬のように4足歩行をする、ロボットカーでレースをする、踊るなど、50(スタンダードキットは30)の動作がプリセットされている。

photo

組み立て方やコーディング次第で、動作のバリエーションは1000以上にもなる。また、手を出すとすり寄ってくる、目を覆うとあなたを探す、充電台に連れて行くと喜ぶといった200以上のリアクションもできる。

photo

専用アプリ「Clicbot Academy」では、約20分の動画コース「Code Academy」を10本以上提供しており、さまざまな遊び方、学び方を教えてくれる。また、「トリビア」、「だるまさんがころんだ」、「ゴーストキャッチャー」など6種類のゲームプレイができ、種類は今後も増える。

photo

Googleの「Blockly」ベースのドラッグアンドドロップコーディングと、より高度なコーディングが可能な「Python」に対応する。コーディングをしなくても、アプリでリモート操作したり、実際にロボットを手で動かしてシーケンスを記憶させたりしてロボットを動かすこともできる。

photo

ブレインには、カメラ、ジェスチャー/タッチセンサー、スクリーン、バッテリー/カメラライト、マイク、USB(Type-C)ポート、オン/オフボタンを搭載。カメラは人の顔認識と位置の検知機能でユーザーを追いかけたり、FPVコントロール対応でアプリからリアルタイムのロボットビューを観たりできる。

photo

Clicbot「スタンダードキット」の予定小売価格は449ドル(約4万9400円)で、今なら数量限定の早割価格399ドル(約4万3900円)で入手できる。ブレイン、ジョイント×6、スケルトン×3、ホイール×2、マウント、スマートフォンホルダー、足圧センサー×4、サクションカップ×2のモジュールにUSB(Type-C)ケーブルが付属する。2020年6月の出荷を予定しており、日本への送料は25ドル(約2750円)だ。

Clicbotは、2020年3月26日までクラウドファンディングを実施中。3月5日時点で、2万5000ドル(約275万円)の目標額を大きく上回る約60万ドル(約6400万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る