新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MCUとMPUのクラウド接続を可能に——マイクロチップ、ラピッドプロトタイピング用組み込みIoTソリューションを発表

マイクロチップ・テクノロジーは2020年3月13日、複数のプロトタイピング用組み込み開発ソリューションを発表した。

AWSと共同で開発したPIC-IoT WA(EV54Y39A)AVR-IoT WAボード(EV15R70A)は、Wi-Fi経由でAWS IoT Coreクラウドサービスにネイティブ接続するIoTセンサーノードを試作するための開発ボードだ。

ATSAMA5D27-WLSOM1は、SAMA5D2 MPUとWILC3000 Wi-Fi/Bluetoothコンボモジュールを統合したSOMだ。AWS IoT Greengrassをサポートしており、PMIC(MCP16502)から電力を供給する。

PIC-BLE(DT100112)AVR-BLE(DT100111)開発ボードは、BLEを使ったゲートウェイ経由で、携帯型機器やクラウドに接続するセンサーノードデバイス向けのボードだ。

これらの製品は発表と同日に量産出荷を開始している。

また、Google Cloud IoT Coreと同社の32ビットMCU SAM-D21 Arm Cortex M0+を接続するSAM-IoT WGと、Azure IoTデバイスSDKやIoTサービスと同社のMPLAB X開発ツールエコシステムを統合するAzure IoT SAM MCUの2製品は2020年第2四半期に発売予定だ。

LTE-M/NB-IoT開発キットは、シーカンスのMonarchチップを採用したモジュールを実装することでIoTノードのカバレッジを可能にする。低消費電力5G技術を活用しており、2020年第3四半期に発売予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る