新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウドベースの音声認識装置レベルでの開発可能に、組み込みシステム向けの音声制御システムキットを販売開始

ポジティブワンは2020年3月26日、クラウドベースの音声認識装置レベルで開発できる組み込みシステム向け音声制御システムキットの販売を開始した。

同開発キットは、voice INTER connectとPHYTECが共同開発した組み込みシステム向けの音声制御システムをキットとしたものだ。INTER ConnectのvicCONTROL産業用音声コントロールをphyBOARD-Miraシングルボードコンピューターに統合しており、実装後にインターネット接続を必要としないため、データ保護に敏感なプロジェクトに適している。

入力システムはハンズフリー方式を採用しており、直感的な操作が可能だ。対応言語は30カ国語以上で、音声制御キットにはデモアプリも付属するほか、フライヤー統合音声制御にも対応する。

phyBOARD-Miraは、phyCORE-i.MX 6(i.MX 6ソロ/クアッドコア)システムオンモジュールとNXP ARM Cortex-A9 i.MX 6シリーズアプリケーションプロセッサによって実装される。同ボードはイーサネット、USB、RS-232/RS-485、CAN、microSDカードスロット、miniPCIeなどの標準インターフェースを備えており、HDMI、LVDS、パラレル、抵抗タッチ、静電容量タッチ、その他のHMI接続オプションもサポートする。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る