新しいものづくりがわかるメディア

RSS


失われた筋肉を3Dプリンターで修復——外科手術を代替する可能性がある携帯型バイオ3Dプリンター

コネチカット大学の研究チームは、筋骨格系の外科手術に革命をもたらす画期的な携帯型の3Dバイオプリンターを開発した。細胞や組織の成長を促す物質を、骨格筋の損傷した箇所に直接プリントできるというもので、研究結果は2020年1月30日付けの『American Chemical Society journal』に掲載されている。

3Dプリント技術を医療目的に利用するための研究は次々と進められており、骨格筋の損傷の治癒や再生手段のひとつとしても注目されている。しかし、現在考えられている方法は複雑な画像システムや造形システムを必要とし、外傷を負ったあと直ちに適切な治療を施すのが難しいという課題がある。

この問題を克服するために、研究チームはゼラチンベースのハイドロゲル、いわゆる「バイオインク」を筋肉の欠損部位に直接積層できる3Dプリンターを開発した。プリントされた足場は、傷ついた組織の周りに正確に接着し、既存の組織の特性を模倣するため、縫合の必要もない。

これまで、3Dバイオプリンターによる骨格筋の足場の作成は培養細胞レベルにとどまっており、生体レベルでは成功していなかった。今回、筋肉欠損を有するマウスに対して、直接バイオインクを印刷し、効果的に接着すること、その後、筋肉繊維が肥大していることを確認できたという。複雑な骨格筋組織の欠損に対して、迅速かつ正確な治療が期待できる技術と言えるだろう。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る