新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンタッチでフィルター交換できる3Dプリントマスク、3Dプリントデータを公開

大学院生二人によるデザインチームが、3Dプリントマスク「PITATT 3D print mask」の3Dプリントデータをホームページで公開した。

PITATT 3D print maskは、ワンタッチでフィルターの取り外しが可能なインナー付きマスクだ。フィルターを付け替えるだけで繰り返し使用でき、フィルターをインナーで固定することで、フィルターが口に当たらない構造を採用している。

FFF(熱溶融積層)方式を前提としてモデリングされており、サポート設定なしで出力できる。スモールサイズとレギュラーサイズの2種類がラインアップされており、それぞれのデータ(.stl形式)はホームページからダウンロード可能だ。

3Dプリンターで出力後は、紐を通し、内側にフィルターを折って挟み込むだけで利用できる。インナーとアウターの2パーツでフィルターを挟み込む構造を採用しており、フィルターは外側のボタンを押すだけで取り外せる。

フィルターには布、ガーゼ、ティッシュなど、手元にある素材を活用できる。ひもを取り付ける部分にはV字ロック機構を採用しており、結び目をV字型の溝に引っ掛けるだけで取り付けられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る