新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoで電子工作してみよう——ソーテック社、「Arduinoではじめる電子工作 超入門」発刊

ソーテック社は、電子工作の初学者向け入門書「これ1冊でできる!Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第4版」を、2020年5月7日に発売する。

Arduinoは、デジタル、アナログ入出力端子を備え、LEDやスイッチ、センサーなどを接続、制御できる小型のマイコンボードだ。さまざまな電子部品を制御するような電子工作が手軽にできる。

本書では、Arduinoの基礎知識や利用するための準備、開発環境「Arduino IDE」の使い方、電子回路の基礎知識から始まり、実際にArduinoを使った電子回路の制御に取り組む。付録として、Arduino IDEの関数リファレンスや本書で扱った部品、製品一覧、および電子部品が購入できる店舗の情報を掲載している。

今回、2018年発刊の改訂第3版をベースに、最新の開発環境へ対応し、解説対象の電子パーツを刷新し、改訂第4版として発売する。

著者は福田和宏氏。B5変形判256ページ、オールカラーで価格は2750円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る